shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

横浜流星 映画「虹色デイズ」“虹の日”舞台挨拶!

横浜流星主演映画「虹色デイズ」“虹の日”舞台挨拶が、7/16(月・祝)丸の内ピカデリーで行われ、飯塚健監督、佐野玲於さん、中川大志、高杉真宙さんとともに横浜が登壇した。

同作は、“男子の本音がわかっちゃう”No.1青春コミック「虹色デイズ」(水野美波/集英社マーガレットコミックス刊)を映画化。ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の[友情]と[恋]がギュッとつまった、胸がときめく感動青春ストーリーとなっている。

ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(佐野玲於)、チャラくて女好きなモテ男のまっつん(中川大志)、秀才で超マイペース なオタクのつよぽん(高杉真宙)、いつもニコニコだけど実はドSな恵ちゃん(横浜流星)。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な 仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想いしたことで、 4人の日常に変化があらわれ…?!

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した横浜は、「皆さん、本日はご来場いただきありがとうございます。今日でこのメンバーと監督が集まってトークをするのが最後なので、楽しんでいきたいと思いますし、皆さんにも満足して帰っていただけるようにたくさん話をしてがんばりますので、今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

続けて、事前に映画の公式Twitterで募集した質問に答えるコーナーへ。『芸能界に入っていなかったら何をしていたと思う?』という質問に横浜は、「父が大工だったので、大工ですかね。あとは、空手をやっていたので、格闘家になりたかったです。」と明かした。

この日は、多くの宣伝プロモーションを頑張ってきた4人に、飯塚監督よりサプライズの手紙が贈られた。『16歳に出会った当時のあなたは“まだ今後俳優部としてやっていくか分からないです”と言っていたのを覚えています。でも僕はあの時点で流星の腹づもりが定まっていたんじゃないかと思います。同世代が多い現場で“いつか見てろ。負けないからな”と思っていたからこその今の活躍ではないか。どちらにせよその負けん気が今回の恵一にも良い作用を生んでくれました。ありがとう』と言葉を贈られ、さらにサプライズで卒業証書を授与されると、横浜は「ありがとうございます!」と頭を下げ、感無量の様子だった。

映画「虹色デイズ」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)

pagetop

page top
www.cialis-viagra.com.ua

www.yarema.ua

https://baden-medservice.com/kardiologija-v-germanii/