shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

早見あかり 映画「走れ!T校バスケット部」ティップオフミーティング!

早見あかり出演映画「走れ!T校バスケット部」のティップオフミーティングが8/8(水)六本木ヒルズアリーナにて行われ、キャストと共に早見が出演した。

同作は、実話に基づいた同名小説を実写化、弱小バスケットチームの成長を通し、高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の想いを丁寧に描いた物語。

早見は、佐藤浩子を演じる。浩子は通称T校と呼ばれる多田野高校の弱小バスケット部を立て直そうと、主人公・田所陽一をスカウトするという役どころだ。

この日は同作の初イベントとなるティップオフミーティングがテレビ朝日夏祭りにて開催。ステージに登場した早見は、「雨が降ってきて寒いかもしれませんが、そんなことを吹き飛ばすくらい楽しませます!よろしくお願いします。」と挨拶。

その後、サポーターゲストとして、プロバスケットリーグ・Bリーグ【千葉ジェッツ】原修太選手、【川崎ブレイブサンダース】藤井祐眞選手、そしてU15【千葉ジェッツ U15】廣岡大翔選手、【川崎ブレイブサンダース U15】近藤亮太郎選手が登場し、T校メンバー対Bリーグ選手&U15選手でフリースロー対決をすることに。選手たちが登場すると、体格の違いに早くも弱腰のT校メンバーだったが、早見が、「私が足を引っ張るかもしれないけど勝ちにいこうよ。自信持っていこう!」とメンバーを励まし、対決はスタートした。

公平性を保つためにプロ選手たちも体験したことのないビーチボールでフリースローが行われ、風の影響もあり両チームとも大苦戦。決着がつかなかったため、サドンデスの延長戦へ突入した。先行はBリーグ選手&U15選手。今までの対戦を活かしフリースローに挑戦するも、まさかの失敗。入れれば勝利となるT校は早見が指名され、メンバーたちの願いが届いたのか、綺麗な弧を描いて見事シュート。T校を勝利へと導き、メンバーと共にハイタッチで喜びを分かち合った。

映画「走れ!T校バスケット部」は、11/3(土)全国東映系にてロードショー!
ぜひご期待ください。

【ストーリー】
中学時代、バスケットボール部キャプテンであった田所陽一は、強豪私立である白瑞(はくすい)高校に入学するが、部内で激しいイジメにあい、自主退学する。
「二度とバスケはしない」と誓い、通称T校と呼ばれる多田野(ただの)高校に編入した陽一だが、連戦連敗の弱小バスケ部から勝負を挑まれ、そのまま入部することに。そこで陽一は、キャプテンの矢島俊介をはじめ、個性的なチームメイトと出会い、仲間とのバスケの楽しさを思い出していく―。
そして迎えたウィンターカップ。因縁のライバル・白瑞を相手に、弱小バスケ部は勝利を手にすることが出来るのか!?

(敬称略)

pagetop

page top