shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

大政絢 ドラマ「昭和元禄落語心中」スタジオ取材会!

大政絢出演ドラマ「昭和元禄落語心中」スタジオ取材会が9/12(水)に行われ、大政が出席した。

累計200万部を突破、魅力的なキャラクターと骨太なストーリーでマンガ賞を総なめ、若者たちを中心に落語ブームを巻き起こしている、雲田はるこさんの「昭和元禄落語心中」をドラマ化。戦争の時代の落語家たちの生き様、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れ、そして無二の親友の事故死を巡るミステリー…。濃厚にして豊穣なヒューマン・ドラマとなっている。

昭和初期、落語の世界に入った八雲(菊比古)は、同期入門の落語の天才・助六と、固い友情で結ばれる。八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、追いつこうともがき、芸者・みよ吉にも支えられ、成長していく。やがて、助六とみよ吉とが結ばれるが、ふたりは謎に満ちた事故死を遂げてしまう。八雲はその死を巡る秘密を抱いたまま、ふたりの遺児・小夏を引き取る。小夏は、八雲を「親の仇」と恨んで成長し、やがて天衣無縫な八雲の弟子・与太郎とともに、八雲がひた隠す「助六とみよ吉の死の真相」に迫っていく…。

大政が演じるのは、八雲が、菊比古の名前だった時代に知り合った芸者・みよ吉。菊比古のことを献身的に支えながら、菊比古の親友である助六と添い、一人娘の小夏を生んだ。助六とともに、若くして事故死する。

大政は、ここまでの撮影を振り返り「原作を読ませていただいて、その後に台本を読んで、本当に一人一人のキャラクターが濃くて、誰が抜けてもダメなんだろうなということを感じました。みよ吉としては、芸者として菊比古のことを一途に愛し続けています。所作なども学んで、みよ吉と歩んでいけるように日々撮影をしています。」とコメント。

役作りについて、「撮影の一か月前から稽古を始めて、踊りの中での着物の振る舞い方や歩き方など、一つ一つ先生に聞きながらやっていました。今では着物でいるほうがみよ吉になれている気がして楽になっています。」と明かした。

ドラマ「昭和元禄落語心中」は、NHK総合にて10/12(金)より毎週金曜22:00~放送!
ぜひご覧ください!
(敬称略)

pagetop

page top
http://best-cooler.reviews

velomarket.org.ua/category/velosipedy-tern/

www.baden-medservice.com