shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

窪田正孝 映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」披露試写会!

窪田正孝声優主演映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の披露試写会が9/13(木)新宿ピカデリーで行われ、錦織博監督、広瀬アリスさんと共に窪田が登壇した。

同作は、『モンスターストライク』を基にした完全オリジナルストーリーの長編CGアニメーションで、13年前に分断された東京を舞台に描くアクションバトルエンターテインメント。

13年前、突如東京の3分の1が宙に浮き上がり、東京は、空中都市“旧東京”と地上に残った“新東京”とに分裂した。
二つの都市は一切の通信、物理的干渉が不可能なまま年月が経過していた─────
そんなある日、新東京で暮らす少年カナタ(窪田)がモンスターに襲われた。
彼を助けに現れた謎の少女ソラ(広瀬アリスさん)。
ソラは、旧東京の落下をくい止めるためにカナタの能力を求めていた。
戸惑いながらも、徐々に明らかになる自らの素性と不思議な能力の覚醒により、ソラの仲間たちと共に地上を救うべく立ち上がる決意を固めたカナタ。
旧東京を意図的に落下させようとする「解放戦線」の企みを阻止し、無事地上を救うことができるのか!?

同作で声優初挑戦となる窪田は、「カメラがあって、照明があって、スタッフさんが常にいる前で芝居をすることに慣れていて、最初はアリスちゃんも居なかったので、(スタジオの)ブースの中に一人、“ここから発信していくんだ”っていう気持ちでした。どうしても喉に力が入ってしまうこともありましたが、普段お芝居をしている感覚で動けたらいいなと思いながらやりました。」とコメント。

今まで数多くのアクションシーン、バトルシーンを経験してきた窪田だが、それを声だけで演じたことについて、「少しだけマイクから離れて、何となく手振りを付けながらやっていたのですが、台本がビラビラしてしまうと音が入ってしまうので、置いて動いてみたり。アリスちゃんにはもしかすると不思議な生き物に見えたかもしれません(笑)。」と話すと広瀬さんが“見なかったことにしていました(笑)”と告白し、会場から笑いが起こっていた。

また、完成した作品を観て、「絵を見ないで声を録る手法でやらせていただいたので、カナタが(声と一緒に)動いているのをみてグッときました。また作品全体を観て、変な意味ではなく違うものに観えたりもしました。客観的に観れましたし楽しかったです。」と感想を語った。

同作の収録方法は、映像を観ながら声をあてるアフレコではなく、先行して声を録る手法(プレスコ)を採用。錦織監督が、“2人(窪田・広瀬さん)を初めとする声優さんの熱演に触発されて芝居や動きをつけられたのが良かった。息遣いまで拾ってアニメーションにしてもらって、相乗効果で人物が息づいている感じになった”と話し、窪田は、「“後ろからものすごい大きいものが来るので逃げてください”と言われて“ハッ!ハッ!”とか“ウワッ!”って息のバリエーションを付けたり。絵に合わせるのではなく、絵が合わせてくれたので、何やってもいいのかな(笑)っていう気分にもなりました。」と自由度の高い現場だったことを明かした。

自身が演じたカナタは、祖母と2人で暮らす高校一年生。東京が浮いた13年前のことは何も覚えておらず、「覚えていなければ、ないのと同じ」と、どこか冷めたキャラクター。カナタについて窪田は、「入り口が不幸というか、何かを背負っている役が多くて、今回それが新しい形で出来たのが大きかったです。人間はいろいろな顔をするし、“こういう声のトーンで”と言われるとそれだけになってしまう。なので監督から“こうやってください”という演出はなく、より自由な感じで出来たと思います。」と収録の様子も交えて話した。

カナタとソラが大切な人を守るために戦うストーリーであることから、自身の守りたいものを聞かれ、「姪っ子。兄貴の子が2人いるのですが、可愛くてヤバイです。僕の子ではないですが(笑)、ちょっと血も繋がっているし、一生守るみたいな気持ちになっています。」と興奮気味に話した。

この日は、同作の設定となる“東京が突然空中に浮いた13年前”にちなみ、窪田と広瀬さんの約13年前の秘蔵写真を大公開。制服を着て笑顔でピースをしている写真がスクリーンに映し出されると、「高校生で芝居を始めた頃だったと思います。どういう瞬間だったかは記憶にないのですが、街中をイヤフォンをして歩けばカッコイイと思っていた頃。お恥ずかしいです。」と話すと共に、13年前の自分に言葉をかけるとすれば?と質問され、「斜に構えていた時期だったので、友達をいっぱい作っておいたほうがいいよって言いたいです。この頃も友達はいましたけど、ごくわずか。いろいろな人と話しをしたほうが人生楽しくなるって思います。」としみじみと語った。

そして最後に、「スタッフさん、そして監督に力強く押していただいてやりきることができました。子供たちはもちろん、大人の方も楽しめる作品でもあると思っています。曲がった世界とかあると思いますが、“あなただけじゃない”という気持ちにさせてくれるし、周りに人がいることって素晴らしいことなんだと感じさせてくれる映画です。ぜひ皆さんのお力でたくさんの方に観ていただきたいと思います。今日は短い時間でしたがありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」は、10/5(金)公開。
ぜひご期待ください!

pagetop

page top