shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「覚悟はいいかそこの女子。」学生限定試写会!

中川大志主演映画「覚悟はいいかそこの女子。」の学生限定試写会が9/18(火)FS汐留にて行われ、伊藤健太郎さんと共に中川が登壇した。

同作は、「マーガレット」にて2014年から掲載された椎葉ナナさんによる同名コミックの映画化。“超絶イケメン”だけど恋愛経験ゼロ、実は“究極ヘタレ”な主人公・古谷斗和(中川)が、人生で初めて本気の恋に落ち、彼女を振り向かせるためにカッコ悪く奮闘する日々を描いた痛快青春コメディとなっている。

幼い頃から女子たちに囲まれる人生を送ってきた超絶イケメンの“愛され男子”古谷斗和。しかし実は恋愛経験ゼロの“ヘタレ男子”だった!
幼なじみの新見律、澤田惟智也、久瀬龍生と共にDDDを結成し、人生初の彼女をゲットすべく狙いを定めたのは、幾人もの男子たちからの告白を断ってきた難攻不落のクールビューティー・三輪美苑。自信満々のキメ顔&壁ドンで告白するも『安っぽい告白』とあっさりフラれる始末。
まさかの展開に、現実を受け入れられない斗和は、様々な方法で美苑にアプローチするもまったく相手にされず、しかもなぜかヘタレな場面ばかり目撃されてしまう。しかし、偶然美苑を救ったことにより2人の距離がちょっぴり縮まり始め…。いつの間にか本気で恋に落ちてしまった斗和。ところが美苑の視線の先にはいつも美術教師・柾木隆次が。
『カッコ悪いと思われても情けない奴と思われてもいい。あきらめたくない!』
初恋をきっかけに“ヘタレ男子”の本気の恋が動き出す―。

上映前のトークイベントにて中川は同作の魅力を、「ドラマでは(伊藤さん演じる)新見律が恋を頑張っていましたが、やはりバカで一生懸命な男子たちが恋をしているというところが魅力だと思います。」と語ると共に、「高校生の役ですが、最初のリハーサルで監督と中二のイメージでやりましょうと話しまして、男子たちは中学生くらいのノリで演じていました。」と役作りについて話した。

作品にちなみ、伊藤さんとお互いを“愛され男子”と“ヘタレ男子”にカテゴライズすることになり中川は、「僕から見たら健太郎は“愛され男子”。すごく自然体で飾らないのに男らしい部分もあって、とにかく気が合って接しやすいです。今回初めてお仕事をさせていただいたのですが、初めて会ったとは思えないくらいに趣味も合っていたりして、一緒に取材を受けていても二人とも同じ答えばかり言うので、どちらかがいればいいんじゃないか(笑)、というくらい気の合う仲です。」とコメント。

続いて伊藤さんは中川について、“『愛され男子』。でも『ヘタレ男子』な部分も持っている。悪い意味ではないが不器用なところもあって、その二面性がいいと思う。(自身と)似ているし、地元の友達感が強くて車好きという部分も一緒。いつか共演するのだろうなとずっとお互い思っていた”と答え、中川も「(伊藤さんとは)ずっと一緒に育ってきた?という感じなんです。やっと共演することができました。」と笑顔を見せた。

イベント中盤、来場者から事前に募集した質問に答える企画が行われ、高校三年生の女性からの“卒業までにやっておくべきことは?”という質問に、「急にみんながやたらと写真を撮り出すということがありました。制服も着られなくなってしまうと思うので、制服の写真を撮るとかいかがでしょうか。」と提案。

さらに“学生時代の思い出は?”という質問を受け、「バスケ部での部活や宿泊学習。映画の中でも宿泊学習のシーンが出てきますが、みんなでバーベキューをやったりして最高に楽しかったです。」と振り返った。

続いて“映画のタイトルにかけて、今までで一番覚悟を決めたことは?”という質問に、少し悩みながら、「逆に言ったら覚悟がないと出来ない仕事というか…。」と述べると伊藤さんが“カッコイイ!さすが!”とにやり。その様子に中川は、「茶化すのはやめてよ(笑)。」と笑顔で返しつつ、「カメラの前やこうして人前に立たせていただくというのは本当に大変なことなので、毎回気合というか覚悟はいるなと思っています。」と答えた。

また、“撮影前のルーティンは?”との質問には、「(撮影前ではないが)僕はクランクインの日や映画の公開初日に赤いパンツをはいています(笑)。願掛け的なルーティンはそれくらいです。」と回答した。

最後に、「今日は本当にありがとうございました。僕たちもすごく楽しかったです。公開まで一ヶ月を切っていますので、学校などでお友達に広めていただいて、たくさん観に来ていただけたら嬉しいです。」とメッセージを送った。

映画「覚悟はいいかそこの女子。」は10/12(金)公開。
ぜひご期待ください!

pagetop

page top