shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

横浜流星 「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)/未完成」CD発売記念イベント!

横浜流星が、10/10(水)「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)/未完成」でCDデビュー!リリースを記念し、同日池袋サンシャインシティ噴水広場でイベントを開催した。

横浜は、6月にGReeeeNプロデューサーJINのもとアーティストデビューし、フィーチャリングにはベリーグッドマンのRover(ロバー)を向かえ、ラブソング「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」をデジタルリリース。10/10には(水)「今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン)/未完成」でCDデビューを果たし、この日ソロアーティストとして初となるパフォーマンスを披露した。

多くのファンに拍手で迎えられた横浜は、早速「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」を披露。軽快なリズムにのせ笑顔でパフォーマンスをすると、自然と会場が一体に。続いて自身が作詞を担当した「未完成」では、スタンドマイクで力強い歌声を響かせ、観客を魅了した。

パフォーマンスを終え横浜は、「めちゃくちゃ緊張しました。ずっとソワソワしていて昨日も寝られなかったんですけど、皆さんが温かく見守ってくれたのでホッとして、楽しく歌い終えることができました。」と安堵の表情。

「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」について、初めて楽曲を聴いたときの感想を聞かれると、「メロディーがキャッチーで、最初は明るい曲なのかなと思ったんですけど、映画『愛唄』の撮影現場にJINさんが来てくれて歌入りの音源を聞いたときに、『愛唄』の世界観に通じるなと感じる部分があって、最初と同じようには聞けなかったです。『愛唄』の悲しい部分を勝手に照らし合わせてしまって、すごく切なくなりました。」と話した。

「未完成」では、自身が作詞を担当。詞に込めた思いについて、「今の自分の思いを皆さんに届けたいなと思いました。10代の頃は、空手をやっていたこともあって、完璧を求めすぎていて、周りの人と比べて、自分はこれぐらい劣っているよな、とか考えることがありました。でも20歳になってからは、いろいろな人との出会いの中で、自分らしくいることが一番大切だし、完璧じゃなくても悪くないんじゃないかなと思えて、自分らしさを大切にできるようになりました。皆さんも、どうしても人と比べることとかあると思うんですけど、自分らしさを大切に、明日からまた頑張ろうと思ってくれたらいいなという思いを込めました」と語った。

最後に、「皆さん、本日はお集りいただきありがとうございました。普段は俳優をやらせていただいていますが、今回はアーティストとして、なかなかできない仕事をやらせていただくことになったので、皆さんが求めてくれるなら、俳優もアーティストも一生懸命両立できるように頑張りたいと思います。今日は本当にありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

「今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン)/未完成」は、好評発売中!
ぜひお手にとってお楽しみください!

アーティストページ:

pagetop

page top