shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「覚悟はいいかそこの女子。」初日舞台挨拶!

中川大志主演映画「覚悟はいいかそこの女子。」が10/12(金)公開初日を迎え、新宿バルト9で行われた舞台挨拶に中川が登壇した。

同作は、「マーガレット」にて2014年から掲載された椎葉ナナさんによる同名コミックの映画化。“超絶イケメン”だけど恋愛経験ゼロ、実は“究極ヘタレ”な主人公・古谷斗和(中川)が、人生で初めて本気の恋に落ち、彼女を振り向かせるためにカッコ悪く奮闘する日々を描いた痛快青春コメディとなっている。

上映後に行われた舞台挨拶にて中川は、「本日はありがとうございます。映画はいかがでしたでしょうか。それだけが気になって…。初日はドキドキするもので、皆さんの映画を観終わった顔を見ることができて嬉しいです。楽しんでいってください。」と挨拶。

改めて初日を迎え、「ドラマの放送もあったので撮影から今日を迎えるまで長く、やっと公開したという気持ちです。皆さんが楽しんでいただけたようで嬉しいです。」と心境を語った。

その後、撮影現場でのエピソードが次々と語られ、中川は自身が演じる斗和のクラスの副担任・柾木隆次を演じた小池徹平さんとの共演を、「日数的にはそれほど多くなかったのですが、生徒チームのみんなに気をつかわせることなく、優しく盛り上げて下さいました。また、とてもスマートで、本当に柾木先生のようでした。見習いたいと思いました。」と振り返った。

また、作品にちなみ、この日登壇した男性陣(中川、伊藤健太郎さん、甲斐翔真さん、若林時英さん、小池徹平さん、井口昇監督)の中で一番ヘタレなのは?と質問される一幕も。中川が、「ヘタレな人はいなくないですか?」と周りを見渡すと井口監督が“中川さんはヘタレというか、怖がりかも”と告白。中川は、「今は大丈夫なんです。」と自信ありげに言うも、キャスト陣から“ウソ、本当に?”と言われ、そのやりとりに笑いが起こっていた。

さらに、一番愛され男子なのは?という質問には、若林さんや井口監督の名前があがったが、最終的に中川が、「愛されてますよ、全員。客席を観たら分かる。僕たち愛されてるじゃん。」と満員の客席を見回し笑顔。すると伊藤さんから、“言った後に『言ってやったぜ』って顔したよね”とツッコまれ、照れ笑いを浮かべていた。

そして最後に、「無事に公開日を迎えることができて、僕たちもホッとしています。たくさんの方にこの映画を届けられるように、皆さんにも広めていただいて、何回でも劇場で観ていただきたいです。ぜひ今日からよろしくお願いします。ありがとうございました!」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「覚悟はいいかそこの女子。」は、現在絶賛公開中!
ぜひ劇場でお楽しみください。

【ストーリー】
幼い頃から女子に囲まれてきたイケメンの“愛され男子”古谷斗和。女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロで、もちろん非リア充・・・。
ある日、彼女ができた同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ!」と言われた斗和は、「(イケメンのオレが)彼女を作るなんてチョロい」と、高らかに「彼女作ります!!」宣言。狙うは学年一人気だが、幾人の男達からの告白を断り続ける難攻不落のクールビューティー・三輪美苑。そんな美苑に自信満々に告白する斗和だったが、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末!!まさかの展開に、現実を受け入れられない斗和は、とにかく躍起になって、再三、アプローチを続けるが、撃沈の連続・・・。
しかし、そんなアプローチを続ける日々の中で、次第に斗和は美苑の優しさや、人柄に触れ、本気で彼女を好きになり始めるのだった。そんな時、彼女の視線の先に美術教師・柾木隆次がいることに気づく・・・。 「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中身はヘタレな斗和が、本気で大奮闘!見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?

pagetop

page top