shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

竹財輝之助 タクフェス第6弾「あいあい傘」公開ゲネプロ&囲み取材!

竹財輝之助出演舞台、タクフェス第6弾「あいあい傘」の公開ゲネプロ&囲み取材が11/2(金)東京・サンシャイン劇場にて行われた。

同作は、2007年に劇団『東京セレソンデラックス』で上演されて以来、再演を望む声が多かったもののその機会は訪れず、ファンの間では幻の名作と言われた作品。
25年前に失踪した父親を探して、とある田舎町へやってくる娘を主人公に、家族の絆や愛をまっすぐに問いかける物語が描かれる。

1990年代初頭のある夏の日の夕暮れ。雨がぱらつく中、恋園神社にふらりと一人の男が現れる。世を儚んでいるその見知らぬ中年の男、六郎に、お茶屋「恋園庵」の店主・玉枝は、そっと傘をさしてやるのだった…。
それから月日が流れること25年。恋園神社に祭りの季節が訪れた。年に一度の賑わいをみせるこの日、テキ屋の清太郎は仲間のヒデコや力也と共に縁日の準備を進めていた。六郎はあの日以来、玉枝と生活を共にするも、玉枝の娘、麻衣子との関係がうまくいかず悩んでいた。
そこに突然現れた、自称カメラマンの高島さつき。清太郎は運命の出会いと浮かれるが、彼女がここに来た目的はただ一つ、25年前に失踪した父を探し出し、連れ帰ること…。

竹財は、テキ屋の清太郎の仲間・竹内力也を演じている。

10/5(金)より、埼玉・志木市民会館パルシティでのプレビュー公演を皮切りに絶賛上演中の同作。東京公演の公開ゲネプロ後に行われた囲み取材にて竹財は、「清太郎、ヒデコと旅をしながら、いろいろな方と出会っている役で、アホでバカですが意外と全体が見えている男なので、僕だけはしっかりしなければと思っています(笑)。」と役柄についてコメント。

これからご来場いただくお客様へ向けて、「(脚本、演出も務めた清太郎役の)宅間孝行さんの演出は毎公演ごとにブラッシュアップされていくので、もちろん今までも全力でやってきましたが、これからさらに何倍にもパワーアップする芝居だと思っています。ひとりでも多くのお客様に楽しんで帰っていただきたいので全力で頑張ります。」とメッセージを送った。

タクフェス第6弾「あいあい傘」は現在上演中。
ぜひ劇場でお楽しみください!

■タクフェス第6弾「あいあい傘」
日程・劇場:
プレビュー公演 2018/10/5(金)埼玉・志木市民会館パルシティ
仙台公演 2018/10/8(月・祝)電力ホール
佐賀公演 2018/10/21(日)鳥栖市民文化会館 大ホール
栃木公演 2018/10/24(水)足利市民プラザ・文化ホール
東京公演 2018/11/2(金)~11(日)サンシャイン劇場
新潟公演 2018/11/15(木)りゅーとぴあ・劇場
広島公演 2018/11/18(日)はつかいち文化ホールさくらぴあ 大ホール
札幌公演 2018/11/23(金・祝)~24(土)道新ホール
大阪公演 2018/11/30(金)~12/4(火)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
名古屋公演 2018/12/6(木)~9(日)ウィンクあいち

★アフタートーク開催!
【東京公演】11/8(木)13:30回 ※竹財輝之助出演回
詳細はこちら>>

公式サイト:

pagetop

page top