shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

佐野勇斗 映画「走れ!T校バスケット部」初日舞台挨拶!

佐野勇斗出演映画「走れ!T校バスケット部」が11/3(土)公開初日を迎え、丸の内TOEIで行われた舞台挨拶に佐野が登壇した。

同作は、バスケットボールを題材とした青春小説「走れ!T校バスケット部」(松崎洋著・幻冬舎文庫)を実写映画化で、強豪校・白瑞(はくすい)高校のバスケ部でいじめに遭い、自主退学した主人公の田所陽一が、編入先の多田野(ただの)高校の弱小バスケ部で個性的なチームメイトと出会い、バスケットボールの楽しさを思い出すというストーリー。弱小バスケットチームの成長を通し、高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の想いを描く。

佐野は、通称T校と呼ばれる多田野高校バスケット部のキャプテン・矢嶋俊介を演じる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した佐野は、「皆さん、こんにちは。約1年前に撮影をしていたのですが、こうして無事完成して、皆さんにこの作品が届く日が来たことをすごく嬉しく思います。今日はぜひ楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

終盤には、キャストからお客さんへサプライズでサイン入りミニバスケットボールが投げられ、大盛り上がりの舞台挨拶となった。

映画「走れ!T校バスケット部」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
連戦連敗!向かうところ負けばかりの雑草チーム「T校バスケット部。」
そんなT校に、バスケの強豪白瑞高校で1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー、田所陽一が転入してくる。陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が標的となり、バスケットボールを辞めていた。もう二度とバスケはしない―。そう心に誓い、勉強に専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。情熱と葛藤、仲間と家族、あきらめきれない夢―。
陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す!

pagetop

page top