shadow

prev

next

ニュースNEWS

AWARD

北川景子 「2018 美的ベストコスメ大賞」にて『美的ベストビューティウーマン』を受賞!

北川景子が、「2018 美的ベストコスメ大賞」で『2018 美的ベストビューティウーマン』を受賞、12/20(木)都内で行われた贈賞式に出席した。

「美的ベストコスメ大賞」とは、美容誌カテゴリーにて実売No.1、創刊10年目に突入した雑誌『美的』が、毎年発表しているベストコスメランキング。
同賞は、読者アンケートの集計が100%反映される「読者の声」だけで決定したもので、新製品のみではなく、名品やコスパの良いものもランクインするなど、リアルなランキングになっている。

北川は『美的ベストビューティウーマン』として「読者のなりたい顔」「今年のなりたい髪(ヘア)」をW受賞。ステージに登場した北川は、「恥ずかしいのと申しわけないのと、ありがたいという気持ち。トロフィーも重くて賞の重みを感じました。」とコメント。

毎日のケアで気をつけていることを聞かれ、「乾燥しないようにスキンケアの時に保湿をたくさんするようにしています。あとは、楽屋や移動の車の中でも携帯の加湿器を使って、自分が過ごす場所は髪の毛のためにも必ず潤っているようにしています。」と答えた。

さらに、艶サラの髪の毛を維持するコツを、「お風呂の後に濡れたまま放置しないことと、必ず乾かす前にオイルやクリームを付けています。髪の毛が長い時は10日に1度はトリートメントをするために美容院に行っていました。今は短いので20日に1度くらいですが行くようにしています。」と話した。

また、インナーケアについては、「ドラマや映画の撮影に入ってしまうと3食ロケ弁ということもありますが、“これを食べてはいけない、あれを食べてはいけない”と思いすぎないようにして、ロケ弁を食べる日は割り切って食べて休みの日や早く終わった日に料理をしています。その日の中でバランス良くするのは難しいので、1週間単位でバランスを取るように心がけています。」と語った。

北川は来年1月より日本テレビ系ドラマ「家売るオンナの逆襲」に主演。ドラマへの意気込みを、「2018年は駆け抜けた一年。「家売るオンナの逆襲」が上手く終われば2018年を締めくくれる気持ちです。しっかり連ドラを完走できれば良い2019年を迎えられると思っています。」と笑顔。

そして最後に「2018年はとにかくお仕事が充実していた年。読書の時間とかも取れなかったので、2019年はお仕事も一生懸命頑張りながら自分の時間を持って、旅をしたり勉強ができたらいいなと思っています。」と2019年の抱負を語った。

「2018 美的ベストコスメ大賞」の発表及び、北川が表紙を務める『美的 2月号』は現在発売中。
ぜひご覧ください!

pagetop

page top