shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 映画「二ノ国」製作発表・主演発表会見!

山崎賢人が、2019年夏全国公開の邦画アニメーション映画「二ノ国」で主人公の声を務めることが発表され、2/9(土)に行われた製作発表・主演発表会見に出席した。

日本を代表するドリームメーカーたちが集結し制作される邦画アニメーション映画『ニノ国』。製作総指揮/原案・脚本には「妖怪ウォッチ」「レイトン教授」シリーズなど、数々の大ヒット作を世に送り続けるレベルファイブの日野晃博、監督はスタジオポノックやスタジオジブリ作品で活躍し、新たな映像表現に挑戦し続ける鬼才百瀬義行、音楽はスタジオジブリ、北野武作品ほか様々な映画作品の音楽を手がけ、多くの名曲を生み出してきた久石譲が手掛ける。

山﨑は、本作の主人公・ユウ役で声優に初挑戦。現実と隣り合わせなのに全く違う“もう1つの世界”――二ノ国。高校生のユウと親友ハルは、幼なじみのコトナを巡る事件をきっかけに、2つの世界を行き来することに…。現実と二ノ国の2人のコトナに命の危険が同時に迫る中、3人と「二ノ国」を巡る“究極の選択”とは――。

会見に出席した山﨑は、オファーをいただいたときの心境について、「まさか声優のお仕事を僕にいただけるとは思っていませんでしたが、(声優という仕事を)すごく尊敬していたので、挑戦してみたいという気持ちもありました。脚本を読ませていただいたときに、本当に面白くて鳥肌が立ちました。これから声は録らせていただくのですが、初めてなので、どういった場所で、どういう風に作っていくのか分からなくて、でもそこも楽しみながら、この素敵な作品を作り上げていきたいです。」と明かした。

声優初挑戦で、主人公の声を務めることに、「恐れ多いというか、とても光栄です。初めての声のお仕事でこのような素晴らしい方々とご一緒出来て、本当に自分は恵まれていると思います。全力で応えられるように頑張りたいです。」と力を込めた。

さらに、“世界配給も意識した作品”ということで、「このような素敵な方々と一緒に、世界に向けて作品を作っていけるというのは、本当に今まで想像もしていませんでした。現実とファンタジーじゃないですけど、一ノ国から二ノ国に行くみたいな、自分の中ではファンタジーというか、すごく光栄ですし、その全力で頑張らないといけないなと思います。」と意気込みを語った。

最後に、「これから声を録らせていただくのですが、自分自身もワクワクしながら、楽しみながら挑みたいと思っています。本当に面白くて鳥肌が立つ作品なので、皆さんにも届けられるように、素晴らしい方々と全力で頑張りたいと思います。ぜひ楽しみにしていてください!」とメッセージを送り、会見を締めくくった。

映画「二ノ国」は、2019年夏全国公開!
ぜひご期待ください!

(敬称略)

pagetop

page top
криптовалюта это

best-mining.com.ua

adulttorrent.org/search/Gyakuten Majo Saiban