shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

夏帆 NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」出演決定!

夏帆が、現在放送中のNHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」【金栗四三篇・後半】に出演することが発表された。

“日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三と“日本にオリンピックを招致した男”田畑政治。この2人がいなければ、日本のオリンピックはなかった。
同作では、日本が五輪に初参加した1912年のストックホルム大会から1964年の東京オリンピックが実現するまで激動の半世紀を、昭和の大名人・古今亭志ん生さんがオリンピックの歴史を振り返り、落語で語るスタイルで描いていく。

時代は大正。ベルリンオリンピック出場を断たれた金栗四三は、後進の育成に新たな夢を抱き、箱根駅伝の創設や女子体育の普及にまい進する。
一方、相変わらず放とう暮らしを続ける孝蔵だったが、妻・おりんに支えられ、落語への思いを深めていく。
1923年9月1日、未曽有の大地震が東京を襲う。何十万人もの途方に暮れる被災者たち。
四三や治五郎は今こそスポーツの力が必要だと立ち上がる──。

夏帆は孝蔵の妻・清水りんを演じる。
りんは高田馬場の下宿屋の箱入り娘で、鳴かず飛ばずの落語家・美濃部孝蔵(のちの古今亭志ん生)と見合い結婚するが、やりたい放題の孝蔵に振り回されることに―。
“なめくじ長屋”と呼ばれる住まいでの極貧生活にもめげず、孝蔵の落語にかける情熱と才能を信じて内職で家計を支え、二男二女を育て上げる、という役どころ。

NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」は、NHK総合にて毎週日曜20:00~放送中!
ぜひお楽しみください。

pagetop

page top