shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

本郷奏多 映画「キングダム」公開直前イベント!

本郷奏多出演映画「キングダム」公開直前イベントが、4/8(月)スペースFS汐留で行われ、本郷が登壇した。

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す 若き王・嬴政(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)。2006 年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、現在までに単行本は 53巻まで刊行され、累計発行部数3800万部超(2019年1月現在)を記録。迫力のあるスペクタクルな映像。人間模様と意志の力を描いた心理描写。いまだかつてない歴史エンターテインメント映画となっている。

本郷が演じるのは、嬴政の異母兄弟・成蟜(セイキョウ)。実母が王族の血を引いている自分こそが純血であり、王にふさわしいと考え反乱を起こす。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した本郷は、「皆さん、こんばんは。キングダム、めちゃくちゃ面白いです。なので今日は最後まで楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

中国で行われたという撮影で印象に残っていることを聞かれると、「僕の役が、ずっと王室でふんぞり返って威張っているだけのキャラクターだったので、皆とあんまり撮影が一緒ではなかったんです。だから思い出はないです!」とキッパリ。それでもMCから“絞り出してもらえませんか?”と言われ、「じゃあ、絞り出しますよ。中国ロケで毎回お弁当がでるんですけど、僕の感覚だと合わないといか。お弁当の大体40パーセントを占める部分に、大抵の確率で、温かくも冷たくもない謎の豆が敷き詰められていて、あれはどういうつもりであるんだろうなぁと考えながらご飯を食べていたのが思い出です。」と明かし、会場の笑いを誘っていた。

イベントでは、いくつかの質問に答え、自身に最も性格が近いキングダムのキャラクターが明らかになるという“キャラクター診断”に挑戦。診断の結果、“聡明なリーダータイプ”の嬴政となった本郷は、「恐れ多いっす…。」と感想を話した。

さらに、原作者の原先生からもコメントが寄せられ、「敵役が締まっていないと、作品自体の出来に関わると思っていた。原作の成蟜は口汚いだけの悪役。本郷くんが演じると華があるし、色気がある。」という言葉に感激の様子だった。

映画「キングダム」は、4/19(金)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!

pagetop

page top