shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

太賀 映画「あの日々の話」初日舞台挨拶!

太賀出演映画「あの日々の話」の初日舞台挨拶が、4/27(土)渋⾕ユーロスペースで行われ、監督、共演者らと共に太賀が登壇した。

同作は、玉田真也氏の主宰する劇団・玉田企画による同名舞台原作の映画化、第 31 回東京国際映画祭ではチケット即完&⼤好評を博した、⽟⽥真也氏による初映画監督作品。
「⼤学⽣のカラオケオール」という、陳腐とも⾔えるテーマを題材に、パワハラやマウンティング、世代間ギャップなど、⼈間社会の縮図を⽣々しく描くワンシチュエーション会話群像劇が描かれる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した太賀は、「カラオケの店員役をやらせていただきました、太賀です。今日はありがとうございます。」と挨拶。

撮影現場の様子について聞かれると、「(僕以外の)皆さんは(同名舞台の)初演再演とやっている皆さんなので、仕上がりまくっていて、監督と俳優陣の信頼関係が目に見えて分かったし、隅々まで阿吽の呼吸みたいにお芝居していました。外から入った僕は現場でテンパってしまったり、なかなかついていけなかったこともあったんですけど、大学生たちの中にカラオケ店員という部外者が入ってくるという意味で、そういったことも監督の狙いだったのかなと思いました。」と話した。

また、出演にあたっては、「すごくラッキーでした。たまたまカラオケ店員という部外者の役があったことで参加できて嬉しかったです。」と笑顔で語った。

映画「あの日々の話」は、4/27(土)~渋谷ユーロスペースほか全国順次ロードショー!
ぜひ劇場でお楽しみください。

【ストーリー】
とある⼤学サークルの代表選挙が⾏われた夜。OB や現役⽣ら男⼥9⼈が残り、⼆次会でカラオケに興じていた。⼥⼦たちが席を外した際、思いがけず⼥⼦学⽣のカバンからコンドームが⾒つかり、男⼦メンバーのテンションは⼀気に上がり暴⾛していく。⼀⽅、⼥⼦たちは、OG と現役⽣の間で不穏な空気に包まれ始めていた。そして締めとなる決起会。和やかに終わると思われたが、ある発⾔をきっかけに全⼈間関係が次々と破綻へと追い込まれていく。華やかな⼤学デビューを果たしたはずの若者たちが裏切り、騙し合い、その果てに残ったものとは―。

pagetop

page top