shadow
ホンギョージェーピー

HONG¥O.JP

メディアMEDIA

PROFILE

2MCs millennial HIPHOP group formed in July 2018.
In these times when sideline business is a total craze, members TOMA and RYUTO get together to make music their main career = HONGYO, and release their 1st single “Just Do It” exclusively on Spotify —a fresh song filled with passion and commitment for music. The group aspire to achieve global success from their HONG¥O.

TOMA、RYUTOからなる、高校生2MCのHIPHOPグループ。
2018年7月、副業ブームのご時世に音楽を本業とするために立ち上がり、決意を込めた1stシングル「Just Do It」をSpotify限定で配信リリース。11月23日 勤労感謝の日に1stEP『Good Job』を配信リリース。
4月10日にラストアルバム『Highlight』をリリースし、4月21日渋谷HARLEMでのラストライブをもって解散となる。

HONG¥O.JP officialHP :
HONG¥O.JP Twitter :
HONG¥O.JP Instagram :

ニュースNEWS

ALBUM

HONG¥O.JP 4月21日のライブをもって解散 4月10日には渾身のラストアルバムを発売

HONG¥O.JPが、4月21日のライブをもって解散することが、オフィシャルサイトにて発表された。

HONG¥O.JPは、元MAGiC BOYZのメンバー、TOMA・RYUTO・JOEの3名で2018年7月に結成されたグループで、大人の作った魔法から卒業し”音楽を本業にする”という目標の元、全ての作品をメンバー自ら作詞を手がけ、海外のプロデューサーを招くなど精力的に活動を続けてきた。昨年末にはDJメンバーのJOEが卒業し、TOMA・RYUTOの2人で活動を続けてきたが、グループとして、また2人のこれから進む先を鑑みた結果、HONG¥O.JPを解散することを決断。

解散後は、TOMA・RYUTO共に学業に励みながら次に進む先を見つけていきたいと考えているとのことだ。

4月10日(水)には、MAGiC BOYZ結成時からラッパーとして約4年半、様々なアーティスト・クリエイターの元で成長してきた、TOMA・RYUTO 2人の集大成となるラストアルバム『Highlight』を発売。
既に配信している楽曲に加え、2人のやりたいこと・メッセージを詰め込んだ、渾身の作品を現在制作中で、3月17日(日)から4月14日(日)にかけては、アルバムリリース記念イベントの開催も決定している。

そして、4月21日(日)には、東京・渋谷HARLEMにてラストライブ『HONG¥O.JP LAST LIVE 〜今まで本当にありがとう〜』を開催。
アルバム同様に、2人の集大成となるもの、これまで応援してくださった皆さまへ精一杯感謝の気持ちを伝える場にしたいと考えている。
チケットは現在先行申し込み受付中。TOMA・RYUTO2人の最後ステージを絶対に見届けたい。

【HONG¥O.JPオフィシャルサイト】


【HONG¥O.JPメンバーコメント】
■TOMA
皆さんに大切なお知らせがあります。
僕達HONG¥O.JPは4月21日をもって解散することになりました。
今回も突然の発表になってしまい、本当に申し訳ございません。
前身のMAGiC BOYZが結成された2014年から約4年半の間、たくさんの方々に支えられてここまでやってくることができました。
自分の中ではまだまだ続けていくつもりでしたが、続ける事ができなくなってしまいました。これまで、いろいろな事があった中で応援してくれたホーミーの皆さんには本当に感謝してもしきれないし、このような形で終ることになり申し訳ないです。
現在、最後のアルバムを制作中で、みんなにいつまでも聴いてもらえるような作品を作りたいと思っています。4月21日のラストライブではたくさんの人に来てもらって笑顔で終われるように、それまで走り抜けていくので、最後までどうかよろしくお願いします。

■RYUTO
皆さんにとって急な発表になってしまい本当にすみません。
僕は初めて解散すると言われた時は、何も考えることができず頭が真っ白になりました。HONG¥O.JPが解散することは昨年末には既に決まっていて、まだ解散発表がされていない状況で皆さんと話したりする時に自分は皆さんに嘘をついているような気分になり凄い罪悪感を感じました。MAGiC BOYZの頃からメンバーの卒業加入がとても激しいグループで、メンバーが変わる度に「このメンバーで頑張ります!」と言っていたのも全て嘘になり何回も何回も皆さんを裏切ってしまったうえに、このような形でまた皆さんを悲しませることをとても申し訳なく思っています。
今HONG¥O.JPのライブに来てくれている方や曲を聴いてくれている方、そのほかの形でHONG¥O.JPを応援してくれている皆さんには、本当に本当に申し訳ない気分でいっぱいです。
僕は他の人が将来について考える時期をこの活動を通して音楽に携わって過ごしたので、やはり音楽に携わっていたいという気持ちがあります。それはステージに立つ仕事なのか裏方なのかそれ以外なのかは分かりませんが、取り敢えず今は音楽に関する仕事に就きたいと考えています。
4/21のライブが僕たち2人の最後のライブで、今作っているアルバムが僕たち2人の最後の作品になります。本当におこがましいですが、ライブも来て欲しいし曲も聴いてほしいです。最後のアルバムは、TOMAと僕が妥協しないで作った今までで1番純度の高いアルバムだと思っています。もちろんラストライブも最高のものにしたいと思っています。2人でHONG¥O.JPとしてステージに立つことは4/21以降ないので、このライブと作品を以って皆さんの心の中に思い出として残れればと思います。
急な発表になってしまい本当にすみません。
4/21まで引き続きHONG¥O.JPを応援よろしくお願いします。


【HONG¥O.JP イベント情報】
■「HONG¥O.JP LAST LIVE 〜今まで本当にありがとう〜」
・日程:2019年4月21日(日)
・会場:渋谷HARLEM (東京都)
・時間:開場14:00/開演15:00
・出演者:HONG¥O.JP
・チケット:オールスタンディング¥4,000(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
スターダストチャンネル会員限定先行受付〈抽選〉


オフィシャル先行受付〈抽選〉


受付期間:2/22(金)16:00~3/3(日)23:59

ラストライブ詳細



■HONG¥O.JP LAST ALBUM『Highlight』リリース記念イベント
3月17日(日) 13:30~ 東京都:HMV record shop 渋谷 店内イベントスペース
3月30日(土)13:30~ 東京都:ヴィレッジヴァンガード渋谷本店 B2Fイベントスペース
4月6日(土)15:30~ 東京都:HMV record shop 新宿ALTA 店内イベントスペース
4月14日(日)13:30~ 東京都:HMVエソラ池袋 店内イベントスペース

リリース記念イベント詳細


【HONG¥O.JP 作品情報】
ラストアルバム「Highlight」
発売日:2019年4月10日(水)
品番:ZXRC-2048
価格:2500円(税込)
収録内容:全11曲予定
収録内容詳細は後日発表

【HONG¥O.JP 番組情報】
・SHOWROOM「HONG¥OロードSHOW」

次回:2019年3月1日(金)20:00〜 配信


【HONG¥O.JP プロフィール】
TOMA、RYUTOからなる、高校生2MCのHIPHOPグループ。
2018年7月、副業ブームのご時世に音楽を本業とするために立ち上がり、決意を込めた1stシングル「Just Do It」をSpotify限定で配信リリース。11月23日 勤労感謝の日には1stEP『Good Job』を配信リリース。
4月10日にラストアルバム『Highlight』をリリースし、4月21日渋谷HARLEMでのラストライブをもって解散となる。

HONG¥O.JP officialHP :
HONG¥O.JP Twitter :
HONG¥O.JP Instagram :

EVENT

HONG¥O.JP 初の映像作品「本業DVD」リリース記念ツアーファイナルで確かな進化を遂げる!

今年7月の、前身グループとなるMAGiC BOYZの全員卒業を受け、同月よりMCのTOMAとRYUTOの2MC、そしてDJのJOEによる2MC&1DJスタイルで結成されたHONG¥O.JP。
彼らのデビュー曲となる、ロサンゼルスでのレコーディングとMV撮影が行われた「Just Do It」「SUPER BANANA」、その二曲のMVのフル・バージョンと、ロスでの滞在やレコーディング風景を収めたメイキングを収録した初の映像作品「本業DVD」リリースを記念し、9月からスタートした全国13箇所を巡るツアー「WORKMAN.JP TOUR」のファイナルが、11月25日、恵比寿BATICAにて行われた。

「ファイナル、盛り上がって行きましょう!」というTOMAのコールから、ライヴは即興のラップで構成されるフリースタイルでスタート。今回の恵比寿BATICAでのライヴにかける思いや、満員のオーディエンスに向けてのメッセージをラップに折り込み、観客を盛り上げていく。そしてポップな“SUPER BANANA”に展開。音源ではティーン・グループらしい可愛らしさも感じさせる楽曲だが、ライヴでは一転、2MCと共にマイクを握るJOEも含め、3人がラップで細かく掛け合い、言葉を被せ、サビ前ではRYUTOが「3.2.1.GO!」と盛り上がるポイントまでのカウント・ダウンをオーディエンスに提示し、フロアを一気に熱くさせるパーティ・チューンに仕上げた。こういった音源とライヴとの感触の違いを形に出来るのも、現在の彼らのラップ・グループとしての進化が影響しているだろう。

続くMCでは、「今日は来て下さってありがとうございます。今日が『WORKMAN.JP TOUR』の最後のライヴです。盛り上がっていけますか!?」とオーディエンスに呼びかけ、会場からは大きな歓声が上がる。またRYUTOは「本業DVD」について見事なセールス・トークを展開し、このグループが副業ではなく、「本業」であるという本気度を見せた。

そして勤労感謝の日となる11月23日に発売された1stEP「Good Job」が、iTunesのヒップホップ/ラップ・アルバムチャートで1日目に7位、2日目に6位を獲得したことを報告し、客席からは祝福の声が上がった。

そして、そのEPに収録された“Good Night”でライヴは再開。メロウで80’s的な感触のあるアーバン・ファンクなトラックに、グループへの熱い想いとエモーショナルなラップが響くこの曲では、DJのJOEもマイクを握りラップをしっかりと披露。中学生になり日に日に大人っぽく、男っぽくなる彼のラップの成長に加え、DJとしてもスクラッチを楽曲にはめ込むなど、JOEの活躍もこのユニットでは印象的だ。
「このツアーが終わっても同じ道を進んで行きましょう!」というTOMAのコールから、ドラマティックに自分たちの信念を丁寧にラップする“One Road”に続いて、ライヴのラストは彼らのデビュー曲である“Just Do It”を披露。三人がラップをユニゾンしながらオーディエンスを彩り豊かに盛り上げ、ライブは「HONG¥O.JP、JUST DO IT!」というシャウトで終了。

全5曲、約30分という非常にタイトな形でのライヴではあったが、HONG¥O.JPの楽曲は、メンバーがそれぞれリリックを書いているという事も影響してか、そのラップや言葉には、メンバーそれぞれの強く思いが籠もっていることを感じさせられる。またそれを表現するラップ・スキルやライヴ・スキルも急上昇しており、ライヴ・グループ、ラップ・グループとしてのタフさと充実ぶりをリスナーに証明する形となった事は、終演後に感動の涙を流すファンが多くいたことからも、強く感じ取ることが出来た。
まだ結成から半年未満にして、既に確かな進化を見せるHONG¥O.JP。彼らの成長はどこまで到達するのか、楽しみに感じさせられるライヴだった。

SET LIST
1.フリースタイル
2.SUPER BANANA
MC
3.Good Night
4.One Road
5.Just Do It


【HONG¥O.JP作品情報】
▶1st EP「Good Job」
2018/11/23(金祝)配信スタート

1. Just Do It
Produced by:LeJKeys / Track:LeJKeys / Lyrics:TOMA,RYUTO,JOE
2. SUPER BANANA
Produced by:LeJKeys / Track:LeJKeys / Lyrics:TOMA,RYUTO,JOE
3. One Road
Track:Ryo Takahashi / Lyrics:TOMA,RYUTO
4. Flex Speed
Track:Ryo Takahashi / Lyrics:TOMA,RYUTO,JOE
5. Good Night
Track:Nagomu Tamaki / Lyrics:TOMA,RYUTO,JOE


【HONG¥O.JPプロフィール】
TOMA、RYUTO、JOEからなる、高校生&中学生2MC1DJのHIPHOPグループ。2018年7月、副業ブームのご時世に音楽を本業とするために立ち上がり、決意を込めた1stシングル「Just Do It」をSpotify限定で配信リリース。

本業で世界進出を目指している。

・HONG¥O.JP officialHP

・HONG¥O.JP Twitter

・HONG¥O.JP Instagram


■HONG¥O.JP「Just Do It」MV short ver.

ディスコグラフィーDISCOGRAPHY

※ディスコグラフィーは準備中です。

pagetop

page top
www.220km.com.ua

karter-kiev.net/zaschity-kartera/suzuki-77.html

шторы