shadow
カナイ ジュンイチ

金井純一

ニュースNEWS

EVENT

「Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018」開催!

スターダストに所属する映画監督7名の映画上映イベント「Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018」が、9/23(日・祝)ユーロライブ(渋谷)にて開催された。

同イベントは、『フォルトゥナの瞳』(2019年公開)監督の三木孝浩、『となりの怪物くん』『センセイ君主』『響-HIBIKI-』監督の月川翔をはじめとする、スターダストに所属する7名の監督の作品上映およびショートフィルムコンペティション作品あわせて計13作品を上映し、ティーチインを実施。

開会舞台挨拶では月川が司会進行をつとめ、「今年で2回目を迎えることができました。お客さんと距離の近い映画祭にしたいと思っておりまして、我々ロビーなどにもおりますので気軽に声をかけていただけたらと思います。それではスターダストディレクターズフィルムフェス、開催です。」と挨拶。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を上映した三木は、「公開してからまたこうやってスクリーンで観れることがとても嬉しいです。僕もDVDで見直したりするんですが、やっぱり大きな音で聞けるのがいいですね。声の演技がとても伝わるので。鴨川の河川敷のデートシーンでは、一回撮ったんですが天気が悪くて、クランクアップの日にもう一度トライしたんですけど、ほとんどアドリブで、小松(菜奈)さんが福士(蒼汰)くんに無茶振りするんですよ(笑)。それが面白かったですね。」と、映画をスクリーンで観ることの魅力などを語った。

また、第1部の短編は『あとのまつり』『ジュリエット×2~恋音ミュージカル~』『Cycle-Cycle』を上映。
『あとのまつり』キャスティングについて聞かれた瀬田なつきは、「演技レッスンを見に行った時に癖が付いてなくのびのびした感じがしたので中山(絵梨奈)さんと福田(佑亮)くんにお願いしました。ダンスシーンは福田くんが振付をしてます。」とキャスティング理由をあかした。
落合賢は『ジュリエット×2~恋音ミュージカル~』制作の経緯について、「AAA『恋音と雨空』という曲をテーマとした短編を作っていただけないかとオファーがありまして作りました。今をときめく飯豊(まりえ)さんをキャスティングさせていただきまして、撮影してる時からとても輝いていたことを覚えてます。」と話し、
金井純一は、「番組の企画で出演者3人を演技レッスンするという企画だったんですが、どうせなら短編を撮って海外に出しませんか?という企画書を提出したら番組側がのってくれて成立しました。それで『Cycle-Cycle』がドイツの映画祭でグランプリをいただいたり、いくつか映画祭でも上映できたので目的を達成できてよかったです。」と、海外映画祭での上映の喜びを語った。

さらに、第2部の短編では『アンナとアンリの影送り』『ラブレター』を上映。
『アンナとアンリの影送り』についてYuki Saitoは、「花坂(椎南)さんと小野(莉奈)さんというフレッシュな女優を主人公に、二人をいかに輝かすかということを考えて撮りました。撮影は3日間という短い時間だったんですが、日に日に成長していってそれを捉えていくことが本当に楽しかったです。これから二人はすごい女優さんになると思います。」と話し、
中島良は、「『ラブレター』は6年くらい前にBS12でやっていた“カウンターのふたり”という番組から生まれた作品です。10代の山﨑賢人さんは当時から真面目だけど現場ではいい意味で体の力が抜けていて、とても雰囲気がありました。」と、当時を振り返った。

月川は『君の膵臓をたべたい』について、「『111回見ています』と声をかけていただいて本当にたくさん愛していただいているなと感激しました。今日初めてご覧になった方いますか?(多くの挙手が)新たに出会えてよかった。本当に嬉しいです。北村匠海くんは中学時代にRADWIMPSのPVで一緒にお仕事をしていましてイノセントな雰囲気のいい子だなと思っていたのですが、オーディションで再会してそのまま大きくなっていたので『やった見つけた!』と思いました。」と、他質問にも応え、最終ティーチインを締めくくった。

そして、第二回となる今年は、若手監督発掘のために広く一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションを開催し、イベント内で上位6作品をスクリーンで上映。審査に参加してくださったお客様と審査員による評点の結果、山羊博之監督『うたた寝の少女』が<Prey Veng賞>に決定した。

閉会舞台挨拶で三木は、「北は北海道、南は九州からわざわざお越しいただいた方もいるとのことでありがとうございます。昨年スタートして、これが一つの映画祭として成立するのかと不安なところからのスタートだったんですが、お客さんがあたたかくて。監督は孤独な戦いを強いられることが多いんですが、こうやって同じ事務所の監督達と一緒にイベントを盛り上げて、お互い刺激しあってモチベーションが上がっていいなと思いましたので、また続けていけたらと思います。本日は長時間ありがとうございました。」と幕を閉じた。

MOVIE

「Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018」1部・2部上映作品が決定&チケット一般発売8/18(土)開始!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018」9月23日(日・祝)渋谷ユーロライブで開催にあたり、1部・2部の上映作品が決定、さらにチケット一般発売が8/18(土)に開始する。

上映作品は、大ヒット映画のほか、山﨑賢人が6年前に出演し、スクリーンで初めて上映する『ラブレター』や、撮影当時13歳の初々しい超特急のメンバー・福田佑亮が観られる『あとのまつり』などがあり、懐かしの作品や初スクリーン作品まで各監督の個性も楽しめるラインナップとなっているほか、全監督によるティーチインも実施予定。気になっていたシーンや、心に刺さったセリフなど、お客様とコミュニケーションを取りながら撮影当時を振り返る。ここでしか聞けない裏話が飛び出す可能性も。さらに、長編2作品からはスペシャルゲストの登壇があります。気になるゲストは当日ご来場のお客様のみ知ることができるお楽しみ。
また、今年からイベント内で開催する“ショートフィルムコンペティション”の上位6作品も発表となりました。当日は審査員とご来場のお客様による評点でグランプリを決定します。

詳細は「Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018」オフィシャルサイトでご確認いただき、ぜひご来場ください!

【上映作品】
<1部>
映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(三木孝浩)※ゲスト有
短編『あとのまつり』(瀬田なつき)
短編『ジュリエット×2~恋音ミュージカル~』(落合賢)
短編『Cycle-Cycle』(金井純一)
★Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018賞★
・短編『彼女のひまわり』(川崎僚)
・短編『カップケーキ』(張大尉)
・短編『憧れ』(神保慶政)
<2部>
映画『君の膵臓をたべたい』(月川翔)※ゲスト有
短編『アンナとアンリの影送り』(Yuki Saito)
短編『ラブレター』(中島良)
★Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018賞★
・短編『土曜日ランドリー』(東かほり)
・短編『dear TOKYO』(堀井綾香)
・短編『うたた寝の少女』(山羊博之)
【チケット情報】
【1部】チケット:2,300円(税込)
【2部】チケット:2,300円(税込)
一般チケット発売(先着):8月18日(土)10:00~9月3日(月)23:59
※「完売」表示されていても、ご入金が無かった場合は再販が出る場合がございます。

■詳しくは「Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018」オフィシャルサイトへ

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
 大学在学中よりドキュメンタリー作品をはじめとした映像作品を製作。2007年伊参スタジオ映画祭にて「求愛」がシナリオ大賞を受賞。2011年にはVIPO(映像産業振興機構)で選出され「ペダルの行方」を監督。ドバイ国際映画祭でアジアアフリカ映画短編コンペティション部門に選ばれる。2012年、短編「転校生」が第7回札幌国際短編映画祭にて最優秀監督賞、最優秀国内作品賞の2冠を達成。第17回釜山国際映画祭ではソンジェ賞特別賞を受賞。
 2013年11月公開の「ゆるせない、逢いたい」で劇場長編映画デビュー。2013年釜山国際映画祭NewCurrents、香港アジア映画祭、モロッコマラケシュ映画祭、フランスウズール国際映画祭では観客賞を受賞した。2014年公開の新作映画「さよならケーキとふしぎなランプ」は、吉祥寺バウスシアタークロージング作品に選ばれた。
 2015年Panaspnicストラーダの短編WebCM「家族の夢」は再生回数100回を突破。多方面で活躍をしている。

<コメント>
「ドキュメンタリー製作をきっかけに飛び込んだ映画業界。人間ドラマを主軸に、強みは俳優の魅力を最大限に引き出す演出。映画だけでなくCM、PVなども精力的に製作します。(映像+音楽)×金井演出=いいもの作ります!」

WORKS

 
【MOVIE】
「ちょき」(2016年/増田璃子・吉沢悠)
「さよならケーキとふしぎなランプ」(2014/堂島孝平、平田薫)
「ゆるせない、逢いたい」(2013/吉倉あおい、柳楽優弥)
「転校生」(2012/森川葵、増田璃子)
「ペダルの行方」(2009)
「求愛」(2008)

【CM】
大日本住友製薬(2015/工藤阿須加)
Panasonic ストラーダ「家族の夢」(2015/大西信満)
ロッテ トッポ「ふたりだけの声」(2015/山口まゆ)
角川書店「女優堕ち」PV(2014/森川葵)

【DRAMA】
tvk・GYAO「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」(2018年/小林歌穂<私立恵比寿中学>)
BS朝日スペシャルドラマ「女優堕ち」(2016年/森口瑤子・葵わかな)
BS11「弱い男」(2014/SECRET GUYS)
Hulu「ザ・ロブスターズ」(2014)

【MUSIC VIDEO】
三月のパンタシア「風の声を聴きながら」
Dflat「水平線の向こうに」
おおはた雄一「風の声を聴いた日に」
SECRET GUYS「スーハーマン」
SECRET GUYS「My Monster Lovely」
SECRET GUYS「HUG×HUG」
PrizmaX「Ready」

【OTHER】
編集 MX連続ドラマ「泣きめし今日子」(2015/安達花穂、ブラザートム、利重剛、清水美沙)
編集 TX連続ドラマ「甲殻不動戦記ロボサン」メイキング(2015/私立恵比寿中学)

pagetop

page top
progressive.ua

читать дальше

oncesearch.com