Prey Veng SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
マツユキ ヤスコ

松雪泰子

ニュースNEWS

MOVIE

松雪泰子 映画「リメンバー・ミー」春休み親子上映会!

現在大ヒット公開中、松雪泰子声優出演映画「リメンバー・ミー」の春休み親子上映会が3/29(木)TOHOシネマズ日本橋で行われ、主人公・ミゲルの声を担当した石橋陽彩さん、そしてヘクターの声を担当した藤木直人さんと共に松雪が登壇した。

同作は本年度アカデミー賞で『長編アニメーション賞』と『主題歌賞』のダブル受賞を果たしたほか、数々の映画賞を総なめにし、“ピクサー史上最高傑作”との呼び声高い、ディズニー/ピクサーの最新作。陽気でカラフルな“死者の国”を舞台に、ミュージシャンを夢見る少年ミゲルと、家族に会いたいと願うガイコツのヘクターの冒険が描かれる。

松雪は、日本版声優キャストとして、物語の鍵を握るミゲルのご先祖ガイコツ(ひいひいおばあちゃん)・イメルダの声を担当している。
イメルダは、<音楽>を選び家族を捨てたミュージシャンの夫との過去から、家族に<音楽>を禁じた女性。“死者の国”に迷い込んだミゲルが<音楽>が大好きなことを知り、今後一切<音楽>をやらなければ生きている世界に戻すと言うが…。

公開からわずか10日間で観客動員数130万人を突破、SNS上では、“1.5 リットルくらい泣いた”、“魂に残る傑作!”、“家族をぎゅっと抱きしめたくなる、そんな映画だった”など、日本中で「家族に会いたくなる映画」としてこの春一番の感動の渦を巻き起こしている同作。反響を受け松雪は、「私の周りでも大反響です。とても素敵な作品なので、もっと日本中に広がっていってくれたら嬉しいです。」と願望を語った。

春休みにやりたいことは?と聞かれ、「お休みが取れそうなので、親子で「リメンバー・ミー」を観たいと思っています。甥っ子も連れて劇場に行きます(笑)。」と微笑んだ。

また、同作のおススメのシーンを聞かれ、「“死者の国”の映像美が素晴らしくて、細かいところもよく見ると楽しいところがたくさんあります。見逃さないで観ていただきたいです。」と話した。

その後、映画の大ヒットを記念して、“ピニャータ割り”に挑戦!ピニャータとは、同作の舞台であるメキシコのお祝いごとによく使われる、中にお菓子やおもちゃを詰めた紙製のくす玉人形のことで、劇中にも登場している。ピニャータを叩いて壊すことで、悪いものを追い払い、子供の成長を願うという意味が込められており、この日はカラフルに彩られた「リメンバー・ミー」特製ピニャータを、石橋さん、藤木さん、そして上映会に駆けつけてくれたガイコツメイクの子供たちと一緒に割ってお祝い。客席からの手拍子に合わせて苦戦しながらも無事叩き割ると、大きな拍手が起こった。

そして最後に、「とても楽しかったです。もうちょっと頑張りたかった(笑)。」とピニャータ割りを反省しつつ、「全てが美しいので、リラックスしてじっくり観てください。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「リメンバー・ミー」は、現在大ヒット公開中!
ぜひご劇場でお楽しみください!

【ストーリー】
ミュージシャンを夢見る、ギターの天才少年ミゲル。しかし、厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていた…。ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。彼のお墓に忍び込み美しいギターを手にした、その瞬間──先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった!
そこは、夢のように美しく、ガイコツたちが楽しく暮らすテーマパークのような世界。しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。唯一の頼りは、家族に会いたいと願う、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。だが、彼にも「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」という運命が待ち受けていた…。絶体絶命のふたりと家族をつなぐ唯一の鍵は、ミゲルが大好きな曲、“リメンバー・ミー”。不思議な力を秘めたこの曲が、時を超えていま奇跡を巻き起こす!

TV

松雪泰子 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」第1週完成試写会!

松雪泰子出演、平成30年(2018年)度前期、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」第1週完成試写会が3/9(金)NHKで行われ、松雪が出席した。

同作は、脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終りから現代まで七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎだしていく。

大阪万博の翌年、1971(昭和46)年。岐阜県東濃地方のとある町の小さな食堂に、鈴愛(すずめ)という女の子が生まれた。毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学生のとき、病気で片耳を失聴してしまう。そんな彼女を励ましたのは、わが子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみだった。
高校卒業後、彼女は持ち前のユニークな発想力を生かして少女漫画家を目指し、バブル真っただ中の東京に出る。師匠にしごかれアシスタント仲間と切磋琢磨して修業に打ち込むが、やがて挫折。結婚して一人娘を授かるものの、家計は火の車。ついには夢追い人の夫から離婚されてしまう。バブルはいつの間にか終わり、世は低成長時代。度重なる失敗の末、シングルマザーとなって故郷に戻った鈴愛は、そこで思わぬ転機を迎えることになる……。

松雪は同作のヒロイン・楡野鈴愛の母、楡野晴を演じる。
晴は町の食堂を切り盛りする、地元商店街指折りの美人おかみ。怒ると怖いので肝っ玉母ちゃんに観られがちだが、誰よりも鈴愛の幸せを願い、ここぞという時には真っ先に背中を押してくれる、よき理解者という役どころ。

第1週目上映後の会見にて松雪は、「出来上がったものを観て、いよいよ『半分、青い。』がスタートするのだなと、長い撮影の時間を過ごしていましたので、出来上がりを楽しみにしておりました。鈴愛のルーツとなる楡野家の空気感、明るさ、愛を、とにかくしっかりと私たち親が表現することを重大な任務だと思って臨んで、それがしっかりと表現できていたらいいなとドキドキしながら第1週目を観ました。でもそれ以上に北川さんの脚本の構造がすごく面白くて、そこに登場人物が動き出して表現し始めると、また新たな世界が広がっていく感じがしました。私が北川さんの脚本ですごく好きなのが、娘とのシーンで、空想の中での会話が出てくるんですけど、その行間にたくさんのものが詰まっている感じが大好きで、今後も大事に演じていきたいなと改めて思いました。」とコメント。

現場での笑ってしまったエピソードについて聞かれると、「楡野家の撮影をしているときは終始笑っているので、どれが面白かったかわからなくなってしまうぐらい。楡野家でいるときは、セットから離れないで、ずっとおしゃべりをしてゲラゲラ笑っているイメージがあります。」と明かした。

第1週目で注目してほしいシーンについては、「鈴愛の誕生の瞬間が感動的で、やっとここから育っていくのだなとお母ちゃんの気持ちで見てしまいました。あとは木曽川での子どもたちの糸電話のシーンもすごく素敵で、この先、鈴愛と律はどう育って生きていくのかなという気持ちで見ました。大好きだったのは、6回目の最後で、親子3人で布団で大暴れした明けのシーンで、家族で卵がけご飯の卵をかき混ぜているところです。」と話し、笑顔を見せていた。

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」は、2018/4/2(月)より放送開始。(全156回)
ぜひご期待ください!

プロフィールPROFILE

MOVIE

1992年

11月

「パテオ」(松竹)
1995年

08月

ボクたちの映画シリーズ「白鳥麗子でございます!」(東映)
2000年

04月

「MONDAY」(シネカノン)

04月

「アナザヘブン」(松竹)
2002年

08月

「DRIVE」(IMJ)
2006年

03月

「子ぎつねヘレン」(松竹)

09月

「フラガール」(主演)(シネカノン)
2007年

01月

「子宮の記憶/ここにあなたがいる」(主演)

08月

CGアニメ映画「ベクシル-2077 日本鎖国-」(声優)
2008年

08月

「デトロイト・メタル・シティ」(東宝)

10月

「容疑者Xの献身」(東宝)
2009年

02月

「余命」(主演)(SDP)

05月

「五右衛門ロック」ゲキ×シネ

10月

「沈まぬ太陽」(東宝)

10月

「クヒオ大佐」(ショウゲート)

11月

「笑う警官」(松竹)
2010年

04月

「てぃだかんかん」(ショウゲート)
2011年

10月

「スマグラー おまえの未来を運べ」(ワーナー・ブラザーズ映画)
2012年

04月

「この空の花ー長岡花火物語」

06月

「ホタルノヒカリ」(東宝)

09月

「ボーン・レガシー」(東宝東和)
※声優出演
2013年

02月

「脳男」

09月

「ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL」(東宝)
 
「謝罪の王様」(東宝)
2015年

08月

「at Home」(ファントム・フィルム)
2016年

11月

「古都」(DLE)
2017年

12月

「鋼の錬金術師」(ワーナー・ブラザース映画)
2018年

03月

「リメンバー・ミー」(ウォルト・ ディズニー・ジャパン)
※声優出演

TV

1991年

04月

「熱血新入社員宣言」(TBS)
(~06月)

04月

「BANANACHIPS LOVE」(CX)

07月

スペシャル「夜に海輝き」(NHK)
1992年

01月

「大人は判ってくれない 神様の前でついた嘘」(CX)

01月

「D 坂殺人事件 名探偵明智小五郎誕生」(CX)

04月

「アルファベット 2/3」(CX)
(~06月)

04月

「Jr.愛の関係」(CX)
(~06月)

09月

松竹 スペシャルドラマ「パ・テ・オ」(CX)
1993年

01月

ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます!」(CX)
(~03月)

04月

「OLたちのざけんなョ!! 社員旅行は大っ嫌い」(CX)

10月

ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます!2」(CX)
(~12月)
1994年

07月

「毎度ゴメンなさぁい」(TBS)
(~09月)

10月

「男はいらない」(NTV)
1995年

04月

「毎度おジャマしまぁす」(TBS)
(~06月)

10月

「ベストフレンド」(NTV)
(~12月)
1996年

04月

「勝利の女神」(CX)
(~06月)

07月

「硝子のかけらたち」(TBS)
(~09月)
1997年

01月

「名探偵 保健室のオバさん」(ANB)
(~03月)

04月

「理想の上司」(TBS)
(~06月)
1998年

01月

「きらきらひかる」(CX)
(~03月)

04月

「愛、ときどき嘘」(NTV)
(~06月)

06月

「かみさんなんかこわくない」第11話ゲスト(TBS)

10月

「なにさまっ!」(TBS)
(~12月)
1999年

04月

「アフリカの夜」(CX)
(~06月)
2000年

04月

「太陽は沈まない」(CX)
(~06月)

09月

「ブラックジャック2」(TBS)
2001年

07月

「救命病棟24時」(CX)
(~09月)

12月

「忠臣蔵47/1」(CX)
2002年

08月

「怪談百物語 雪女」主演(CX)

10月

「真夜中の雨」(TBS)
(~12月)
2003年

06月

27時間テレビ「海のオルゴール」主演(CX)

10月

「ビギナー」(CX)
(~12月)
2004年

01月

「砂の器」(TBS)
(~03月)
2007年

07月

「ファースト・キス」(CX)
(~09月)

07月

「法の庭」(CX)
2010年

04月

「Mother」(NTV)
(〜06月)

10月

「パーフェクトリポート」(CX)
(~12月)

11月

スペシャルドラマ「心の糸」(NHK)
2011年

12月

「境遇」(ANB)
2012年

01月

大河ドラマ「平清盛」(NHK)
(~12月)

09月

「負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田 茂~」(NHK)
(~10月)
2013年

04月

「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」(TBS)
(~06月)

10月

松本清張スペシャル「顔」主演(CX)
2014年

02月

「地の塩」(WOWOWプライム)
(~03月)

07月

「家族狩り」主演(TBS)
(~09月)
2015年

01月

「上流階級~富久丸百貨店外商部~」(CX)

11月

「5人のジュンコ」主演(WOWOWプライム)
(~12月)
2016年

04月

「グッドパートナー 無敵の弁護士」(ANB)
(~06月)
2018年

04月

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)
(04月~)

STAGE

2004年

10月

「夜叉ヶ池」
東京公演:パルコ劇場
名古屋公演:愛知厚生年金会館(11月)
大阪公演:シアター・ドラマシティー(11月)
2005年

09月

新感線☆プロデュース「吉原御免状」
東京公演:青山劇場(~10月)
大阪公演:梅田芸術劇場メインホール(10月)
2007年

10月

ミュージカル「キャバレー」
(~11月)
2008年

07月

新感線☆RX『五右衛門ロック』
東京公演:新宿コマ劇場
大阪公演:大阪厚生年金会館大ホール(8月)
2009年

12月

「東京月光魔曲」
Bunkamuraシアターコクーン
(~2010年1月)
2012年

05月

「シダの群れ 純情巡礼編」
東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン

09月

葛河思潮社 第二回公演「浮標」
世田谷パブリックシアター
2013年

03月

朗読劇「LOVE LETTERS 2013 Whiteday Special」
パルコ劇場

09月

葛河思潮社 第三回公演「冒した者」
神奈川芸術劇場大スタジオ ほか
(~10月)
2014年

09月

葛河思潮社 第四回公演「背信」
神奈川芸術劇場大スタジオ ほか
(09月~)

12月

「キレイ -神様と待ち合わせした女-」
Bunkamuraシアターコクーン ほか
(12月~)
2015年

05月

劇団☆新感線「五右衛門VS轟天」
大阪公演:シアターBRAVA!
福岡公演:キャナルシティ劇場
東京公演:赤坂ACTシアター
2016年

10月

シアターコクーン・オンレパートリー2016「るつぼ」
Bunkamuraシアターコクーン
2017年

06月

ONWARD presents 劇団☆新感線「『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS」
豊洲・IHIステージアラウンド東京
(~09月)

11月

「この熱き私の激情」
銀河劇場
2018年

10月

「ゲゲゲの先生へ 」
東京公演:東京芸術劇場 プレイハウス

SINGLE

1995年
「ESP」
(1995.6.21)
 
「時を越えて」
(1995.11.8)
 
「Rain-雨に抱かれて...-」
(1995.11.8)
 
「WISH」
(1995.12.10)
1996年
「おやすみ」
(1996.5.25)
1997年
「空っぽの愛の嵐」
(1997.2.19)
 
「HAPPY HAPPY DAYS」
(1997.7.24)
 
「ふりむかないで」
(1997.9.26)
1998年
「愛の世界」
(1998.5.13)
1999年
「口唇」
(1999.1.13)
2007年
Taiji All Stars
「天国の歌 feat. hitomi / Blessing Soul feat. Yasuko Matsuyuki」
※ゲストボーカル
(2007.01.31)

ALBUM

1995年
「pray」
(1995.12.21)
1997年
「mondodelix」
(1997.3.19)
1998年
「32’05”」
(1998.6.17)
1999年
BEST album「M.M.M」
(1999.02.17)
2007年
「FEMME FATALE」HEATRE BROOK/Sun Paulo
※ゲストボーカル
(2007.02.21)

OTHER

1997年
●VIDEO
ビデオ「M」
(1999.3.17)

pagetop

page top
заказать воду в черкассах

подробнее rikon-ya.com

source