shadow
ミキ タカヒロ

三木孝浩

ニュースNEWS

EVENT

「Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018」開催日決定!ショートフィルム応募受付終了間近!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018」を9月23日(日・祝)渋谷ユーロライブにて開催することが決定した。

第二回となる今年は、所属監督8名(三木孝浩・月川翔・瀬田なつき・落合賢・Yuki Saito・金井純一・猪俣ユキ・中島良)の作品上映と、若手監督発掘のために広く一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションを行う。

■上映作品
三木孝浩は、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016/出演:福士蒼汰、小松菜奈)。原作は2014年8月に文庫書き下ろしで刊行され160万部を突破した七月隆文による同名小説。切ない運命を背負った二人のたった30日間の奇跡の恋を描く、涙なしでは見ることのできない純愛映画となっている。
月川翔は、映画『君の膵臓をたべたい』(2017/出演:浜辺美波、北村匠海)。刺激的なタイトルからは想像も出来ない物語と展開に、若い女性層を中心に“泣ける小説”として口コミが広がり、瞬く間にベストセラーになった住野よるによる同名小説の映像化。主演の浜辺美波・北村匠海は第41回日本アカデミー賞新人賞を受賞するなど、今大活躍の二人の瑞々しい演技にも注目の作品。長編上映後には、監督×ゲストによるティーチインも実施。
また、現在放送中のドラマ「声ガール!」のメイン監督を務める瀬田なつき、先日発表したベトナム映画『パパとムスメの7日間』を控える落合賢、異色のドラマ「おっさんずラブ」が話題になっているYuki Saito、ほかにも、金井純一、猪俣ユキ、映画『兄友』の公開が5月26日(土)に控え、新たにPrey Veng DIRECTORSに加わった中島良らの短編作品の上映&ティーチインも。ここでしか聞けない監督あるある話や制作秘話が飛び交う可能性も!

■ショートフィルムコンペティション開催
厳正なる審査を経て絞り込まれた上位5作品を「Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018」で上映し、第一線で活躍する映画プロデューサーや脚本家を審査員として招き、1名のグランプリ受賞者を選出。
グランプリ受賞者には<Prey Veng賞>として、スターダスト全面バックアップのもと、ショートフィルム&ミュージックビデオを監督するチャンスが与えられる。

【イベント概要】
開催日時:2018年9月23日(日・祝)
場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
上映作品:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』、『君の膵臓をたべたい』他
ショートフィルムコンペティション応募受付期間:2018年4月1日(日)~5月31日(木)
詳しくは「Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018」オフィシャルサイトへ

MOVIE

三木孝浩 小説『フォルトゥナの瞳』映画化決定!

三木孝浩監督による、小説『フォルトゥナの瞳』の映画化が決定した。

“フォルトゥナ”とは運命の女神のことで、その瞳を持った者には、「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な力が宿る。同作は、そんな不思議な能力を身に着けてしまった青年【木山慎一郎】を主人公とした物語。幼少期の飛行機事故で、家族を失い一人生き残ってしまった【木山】。友人も作らず孤独に仕事のみに生きてきた彼は、ある日「死が近い人が透けて見える能力」を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。
“なぜこんな能力を手に入れてしまったのか―?”自らの不思議な力に葛藤する折、彼が出会ったのは【桐生葵】という女性。明るく、自分に対し夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、初めて彼の孤独だった人生に彩りが生まれる。【葵】も【木山】の真っ直ぐな人柄に惹かれていき、やがて2人は互いに必要な存在となっていく。しかし、幸せの絶頂の中、彼女の体が透け始めてしまう。
2人に待ち受ける切なすぎる運命とは―――不思議な力(フォルトゥナの瞳)に導かれ、大切な人の“死の運命”が見えてしまった男の切なくも美しいラブストーリーが描かれる。

三木は、「今回の作品で、長編としては初のジャンルにチャレンジ出来る事にとってもワクワクしてます。ファンタジーであり、サスペンススリラーの要素もあるこの物語ですが、その根底に流れているのは愛の在り方を求めて彷徨う切ないラブストーリーであり、誰の身にも起こり得る選択と運命を描いた物語でもあります。神木隆之介くん、有村架純さんという素晴らしいキャスト二人とともにこの儚くも美しいこの愛の物語を丁寧に紡いでいきたいと思います。」とコメントを寄せた。

監督作品・映画『フォルトゥナの瞳』は、2019年全国公開!
ぜひご期待ください!

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
1974年8月29日生まれ。徳島県出身。映画監督。
早稲田大学第一文学部卒。

大学在学中、自主映画『青空』で早稲田インディーズフィルムフェスティバル/グランプリを受賞。
卒業後、多数のミュージックビデオを監督し、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005/最優秀ビデオ賞、SPACE SHOWER Music Video Awards 2005/BEST POP VIDEOなどを受賞。以降、ショートムービー、ドラマ、CM等、活動を広げる。
JUJU feat. Spontania『素直になれたら』のプロモーションの一環として制作した世界初のペアモバイルムービーでカンヌ国際広告祭2009/メディア部門金賞などを受賞。
2010年、映画『ソラニン』で長編監督デビュー。
長編2作目となる映画『僕等がいた』(2012)が、邦画初の前・後篇2部作連続公開。
その他の長編作品として『陽だまりの彼女』(2013)、『ホットロード』(2014)、『アオハライド』(2014)、『くちびるに歌を』(2015)、『青空エール』(2016)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)、『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(2017)、『坂道のアポロン』(2018)などがあり、『フォルトゥナの瞳』が2019年公開予定。

【Movie】
◆『フォルトゥナの瞳』(2019年公開)
◆『坂道のアポロン』(2018年3月10日公開)
◆『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(2017)
◆『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)
◆『青空エール』(2016)
◆『くちびるに歌を』(2015)
◆『アオハライド』(2014)
◆『ホットロード』(2014)
◆『陽だまりの彼女』(2013)
◆『僕等がいた』後篇 (2012)
◆『僕等がいた』前篇 (2012)
◆『管制塔』(2011)
◆『ソラニン』(2010)

【TVCM・広告ムービー】
◆資生堂ベネフィーク「リセットタイムのスキンケア」
◆資生堂マシェリ×Nissy「永遠という名の花」
◆パナホーム
◆MIZUNO RUNNING
◆資生堂マキアージュ Short Movie
◆資生堂 マキアージュ
◆株式会社ワオ・コーポレーション 個別指導Axis
◆大塚ベバレジ微炭酸ビタミン飲料 MATCH

【Drama】
◆WOWOW 連続ドラマW「闇の伴走者~編集長の条件」(全5話)
◆WOWOW 連続ドラマW「闇の伴走者」(全5話)
◆TBS ドラマNEO『イロドリヒムラ』 第4話「海辺の犬」
◆MBS・TBS「ドラゴン青年団」
◆WOWOW ミッドナイトドラマ/ 藤子・F・不二雄のパラレル・スペース「あいつのタイムマシン」

【Short Movie】
◆back number「それでもなおできることのすべてを君に」
◆「空色物語」全4編(「虹とシマウマ」「ニケとかたつむり」「アリと恋文」「王様と羊」)
◆LISMO! オリジナルドラマシリーズHappy! School Days! 「Hello Goodbye」
◆JUJU feat. Spontania「素直になれたら」モバイルムービー
◆福原美穂「優しい赤」
◆pieces of love vol.2「It’s so quiet.」

【Music Video】
◆いきものがかり「花は桜 君は美し」「プラネタリウム」「YELL」「キミがいる」「風が吹いている」「笑顔」
◆FUNKY MONKEY BABYS「Lovin’ Life」「もう君がいない」「ヒーロー」「あとひとつ」「サヨナラじゃない」
◆YUI「LIFE」「Rolling star」「CHE.R.RY」「LOVE&TRUTH」「fight」
◆ORANGE RANGE「ロコローション」「花」「*~アスタリスク~」「SAYONARA」
◆木村カエラ「happiness!!」「L.drunk」「You bet!!」
◆ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」「マジックディスク」
◆mihimaruGT「かけがえのない詩」「Future Language」
◆UVERworld「Colors of the Heart」「君の好きなうた」「SHAMROCK」「恋いしくて」
◆K「over...」「抱きしめたい」「Only Human」「ファースト・クリスマス」
◆遊助「ひまわり」
◆supercell「さよならメモリーズ」
◆平井堅「アイシテル」
◆柴咲コウ「ホントだよ」
◆清水翔太「君が好き」
◆Galileo Galilei「管制塔(acoustic)」
◆Aimer「Re:pray」「花の唄」
◆back number「手紙」
◆Nissy「花cherie」
他、250作品以上を制作。

【Live DVD】
◆Every Little Thing
◆ORANGE RANGE
◆FUNKY MONKEY BABYS


【Others】
◆月刊タウン情報トクシマ「三木孝浩の歩き方~あの頃、僕らは映画と出会った~」コラム連載(2016年12月号~2017年11月号)

【Award】
◆早稲田インディーズフィルムフェスティバル/グランプリ(映画『青空』)
◆SPACE SHOWER Music Video Awards 2005/BEST POP VIDEO(ORANGE RANGE「ロコローション」)
◆MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005/最優秀ビデオ賞(ORANGE RANGE「花」)
◆カンヌ国際広告祭2009 メディア部門金賞/サイバー部門銅賞(JUJU feat. Spontania「素直になれたら」モバイルムービー)
◆広告電通賞2009/クロスメディア・モバイル他部門最優秀賞(JUJU feat. Spontania「素直になれたら」モバイルムービー)

pagetop

page top
памм счета альпари

на сайте www.topobzor.info

у нас