shadow
シマダジュンペイ

島田惇平

メディアMEDIA

TV

2019/04/26(金)
08:00~
Bunkamuraシアターコクーン「民衆の敵」
衛星劇場

2019/04/16(火)
23:00~25:15
舞台「メトロポリス」
WOWOW

2019/04/14(日)
16:00~
Bunkamuraシアターコクーン「民衆の敵」
衛星劇場

STAGE

●日生劇場ファミリーフェスティヴァル2019
音楽劇「あらしのよるに」(新制作)
【公演日程】2019年8月3日(土)~5日(月)
【劇場】日生劇場
【HP】 http://www.nissaytheatre.or.jp/

●カクシンハン特別リーディング公演
「ハムレット×SHIBUYA~ヒカリよ、俺たちの復讐は穢れたか~」
【公演日程】2019年5月22日(水)~26日(日)
【会場】ギャラリーLE DECO 4
【チケット予約】 https://ticket.corich.jp/apply/99205/

●青蛾館創立35周年記念公演「毛皮のマリー」
【公演日程】2019年3月14日(木)~21日(木・祝)
【劇場】東京芸術劇場シアターウエスト
【チケット申し込み】 https://www.quartet-online.net/ticket/kegawa2019?m=0lcijji

●Bunkamura30周年記念
シアターコクーン・オンレパートリー2018
DISCOVER WORLD THEATRE Vol.4
「民衆の敵」
【東京公演】
公演期間:2018年11月29日(木)~12月23日(日・祝)
会場:Bunkamuraシアターコクーン
【大阪公演】
公演期間:2018年12月27日(木)~30日(日)
会場:森ノ宮ピロティホール
【HP】 http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/18_people.html

EVENT

●中村壮志展「夢、もしくは本当の月に関する物語」
Space Film - Lunatic 1ライブパフォーマンス[email protected] VACANT
【日程】2019年2月16日(土)~17日(日) ※映像出演
【会場】VACANT 
【詳細】 https://sf-lunatic1.peatix.com/ 

DVD

「賃走談 -2号車-」
発売日:2014/09/05(金)
価格:3.800円(税別)
監督:古賀奏一郎、吉川久岳
発売・販売元:SDP
トレーラーURL:
https://www.youtube.com/watch?v=H4qxLcJgYAQ
※「帰ってきた女」に出演

PV

2018/03/18(日)~
Opus inn「Shelter」

2015/02/04(水)
OKAMOTO'S「HEADHUNT」

WEB

三重県PR動画
感動系移住MOVIE「ミエタカラ」

ニュースNEWS

STAGE

島田惇平 舞台「毛皮のマリー」公開ゲネプロ!

島田惇平出演舞台「毛皮のマリー」の公開ゲネプロが3/15(金)東京芸術劇場シアターウエストで行われた。

没後35年、死してなお拡大していく寺山修司氏。
その寺山演劇の金字塔で寺山修司氏と母はつ親子をモチーフに描かれた戯曲『毛皮のマリー』。最も美しく、最も文学的なこの作品を青蛾館創立35年の記念に上演する。
今回、青蛾館ではオリジナルの『毛皮のマリー』とは別に、ニューヨークの老舗劇場ラ・ママ公演時にラストシーンなどを、大々的に改訂した、日本では未発表の『毛皮のマリー』を同時上演。演出は寺山修司の片腕で氏の継承者でもある寺山偏陸氏が務める。

島田は、自身の演じる役について「私が今回演じるのは鷄冠詩人と美女の亡霊です。毛皮のマリーという作品についてはご存知の方もおられるでしょうが寺山修司さんが美輪明宏さんの為に書いた作品でして、美輪さんを始め歴代の名優の方々が各役を演じられてきた作品です。その中でも今回演じます鷄冠詩人という役は、初めて作品を読んだ時とても難しい役であると感じました。『詩人は言葉で人を酔わせる酒みたいなもの。場合によっては言葉で人を殺すこともできる』という劇中の詩人達の言葉通り、ある種の役者としてのあるべき姿と言いますか、役者そのものを体現するべき役所だと思ったからです。今回は現代に生きる島田惇平として、その感性として私なりのアプローチを仕掛けてこの鷄冠詩人という役に挑ませて頂いております。いろいろな見方をして頂けたら嬉しいです。また、美女の亡霊としても参加させて頂いております。皆さんどういう美女を想像するか人それぞれでしょうが、この座組みでの毛皮のマリーにおける美女を隅々までお楽しみ下さい。」とコメント。

これからご来場いただくお客様へ向けて、「オリジナルバージョンと未公開バージョン、どちらもとても素晴らしい作品になっているかと思います。毛皮のマリーの様に何度も上演されている作品は例えばシェイクスピアの様に、どの時代に誰が演じるかで全く違う表現方法にもなり得ますし、あるいは難解であったものの理解の助けになる場合もあります。しかし全てに共通して言える事はどれも同じ戯曲であり、同じ作品であるという事です。今の時代を生きる私達がやるからこそ意味のある毛皮のマリーに存分に酔って下さい。」とメッセージを送った。

舞台「毛皮のマリー」は、3/21(木・祝)まで東京芸術劇場シアターウエストで上演。
時代と共に進化してきた「毛皮のマリー」の集大成を、ぜひ劇場でご覧ください。

【あらすじ】
贅沢にしつらえた一室がある。そこに住む「毛皮のマリー」は、中年の男娼である。マリーとともに暮らしている美少年「欣也」はその部屋から出たことがなく、マリーが部屋に放った蝶を捕まえては標本にして暮らしていた。ある日、上の階に越してきた謎の美少女によって、マリーと欣也の関係がかき乱されてゆく。欣也、そしてマリーにはそれぞれ隠された秘密があった…。

STAGE

島田惇平 舞台「民衆の敵」開幕!

島田惇平出演舞台「民衆の敵」が、11/29(木)Bunkamuraシアターコクーンで開幕する。

同作は、『人形の家』『ヘッダ・ガブラー』など日本でも人気が高い“近代演劇の父”イプセンの正面から社会問題を扱った異色作。
2016年『るつぼ』でシアターコクーンに初登場した演出家ジョナサン・マンビィと堤真一が再びタッグを組み、この骨太な傑作に挑む。緻密に戯曲を読み解き、社会的テーマを劇場空間や群衆の動きも含めて立体的なドラマに仕立てる演出手腕に注目。
追い詰められた男の告発の果てに何が待ち受けているのだろうか。

漁師・ビョルンソンを演じる島田は、出演にあたって「日本人にも馴染み深いヘンリックイプセンの戯曲をジョナサン氏の元、試行錯誤して形にしました。実力ある俳優陣の演じる各々の人間はとても魅力的であり、その場に実に見事に存在しています。振り付けの黒田育代さんの元作られたムーブメントも一見。忠実に再現された家具や道具、衣装にも注目して頂きたいです。」とコメントを寄せた。

舞台「民衆の敵」は、12/23(日・祝)までBunkamuraシアターコクーンで上演。
ぜひ劇場でお楽しみください。

【STORY】
温泉の発見に盛り上がるノルウェー南部の海岸町。
その発見の功労者となった医師トマス・ストックマン(堤真一)は、その水質が工場の廃液によって汚染されている事実を突き止める。汚染の原因である廃液は妻カトリーネ(安蘭けい)の養父モルテン・ヒール(外山誠二)が経営する製革工場からくるものだった。
トマスは、廃液が温泉に混ざらないように水道管ルートを引き直すよう、実兄かつ市長であるペテル・ストックマン(段田安則)に提案するが、ペテルは工事にかかる莫大な費用を理由に、汚染を隠ぺいするようトマスに持ち掛ける。一刻も早く世間に事実を知らせるべく邁進していた、新聞の編集者ホヴスタ(谷原章介)と若き記者ビリング(赤楚衛二)、市長を快く思っておらず家主組合を率いる印刷屋アスラクセン(大鷹明良)は、当初トマスを支持していたが、補修費用が市民の税金から賄われると知り、手のひらを返す。兄弟の意見は完全に決裂し、徐々にトマスの孤立は深まっていく。カトリーネは夫を支えつつも周囲との関係を取り持とうと努め、長女ペトラ(大西礼芳)は父の意志を擁護する。そしてトマス家に出入りするホルステル船長(木場勝己)もトマスを親身に援助するのだが……。
トマスは市民に真実を伝えるべく民衆集会を開く。しかし、そこで彼は「民衆の敵」であると烙印を押される……。

(敬称略)

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

TV

2017年

02月

「スーパーサラリーマン 左江内氏」(NTV)
※第7話

STAGE

2013年

03月

2013/03/29~03/31
劇☆男 第1回公演「キリトリ」
(千本桜ホール)

07月

2013/07/10~07/15
「セイギノミカタ」
(千本桜ホール)

11月

2013/11/29~12/01
劇☆男 第2回公演「キリトリⅡ」
(千本桜ホール)
2014年

02月

2014/02/11~02/16
「人狼の王子様☆」

03月

2014/03/19~03/23
ソラリネ。#11「歓喜の歌」

06月

2014/06/06~06/08
劇☆男 第3回公演「キリトリⅢ」
(千本桜ホール)

07月

2014/07/02~07/06
ソラリネ。#12「Anytime Anywhere」

08月

2014/08/27~08/31
ソラリネ。#13「幸福の王子/unreal」
※幸福の王子に出演

11月

2014/11/14~11/16
劇☆男 第4回公演「キリトリ4」
(千本桜ホール)

12月

2014/12/03~12/07
PUPA CINEMATIC STAGE 5
「56W.X~ぼくのサンタクロース~」
2015年

02月

2015/02/13~02/15
「ぱんきす!3次元」
(新宿スタジオアルタ)

03月

2015/03/24~03/29
劇☆男第5回公演「009」【ゼロゼロナイン】

06月

2015/06/26~06/28
「ぱんきす!3次元~ストレンジ・カインド・オブ・ボーイ~」
(Super Deluxe 六本木)

08月

2015/08/28~08/30
「ぱんきす!3次元~ファースト・ラスト・ギグ?~」
(新宿スタジオアルタ)

10月

2015/10/16~10/18
Office FREE SIZE presents
「この作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ありません 2」

12月

2015/12/16~12/20
劇☆男 第6回公演「Birth」
(シアターグリーン BASE THEATER)
2016年

03月

2016/03/05~03/06
恵比チリDAN(仮)完全自主プロデュース舞台
「MEMENTO MORI」
(しもきた空間リバティ)

04月

2016/04/06~04/10
PUPA CINEMATIC STAGE 7「FOOLISH」
(シアターグリーン BIG TREE THEATER)

05月

2016/05/28~05/29
第4回公演「ぱんきす!3次元 ~Rebirth&Growth 復活、そして増殖~」
(川崎市アートセンター アルテリオ小劇場)

06月

2016/06/22~06/26
劇☆男 第7回公演「2069」(ニ ゼロ ロク キュウ)
(TACCS1179)

09月

2016/09/02~09/06
GHETTOプロデュース第二弾「Big Mouth」
(SPACE梟門)

11月

2016/11/07~11/30
シアターコクーン・オンレパートリー2016「メトロポリス」
(Bunkamuraシアターコクーン)
2017年

02月

2017/02/11~02/13
劇☆男 第8回公演「BIRTH ~joining souls~」
(R's アートコート)

03月

2017/03/24~03/28
Superendroller LIVE “scene03”「monster & moonstar」
(原宿VACANT)
2018年

02月

2018/02/28~03/04
Superendroller LIVE“scene04”
「hammer & hummingbird 金槌とハチドリ」
(THEATER-SOU)

04月

2018/04/14~04/22
カクシンハン第12回公演「ハムレット」
(シアターグリーンBIG TREE THEATER)

07月

2018/07/27~07/31
カクシンハンPOCKET08「冬物語」
(中野ウエストエンドスタジオ)

11月

2018/11/29~12/30
Bunkamura30周年記念
シアターコクーン・オンレパートリー2018
DISCOVER WORLD THEATRE Vol.4「民衆の敵」
(東京公演:Bunkamuraシアターコクーン)
(大阪公演:森ノ宮ピロティホール)

pagetop

page top
Наш классный сайт на тематику https://steroid.in.ua.
читать дальше chemtest.com.ua

roof curb Providence