shadow
ツキカワ ショウ

月川翔

ニュースNEWS

EVENT

「Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018」開催!

スターダストに所属する映画監督7名の映画上映イベント「Prey Veng DIRECTORS film fes. 2018」が、9/23(日・祝)ユーロライブ(渋谷)にて開催された。

同イベントは、『フォルトゥナの瞳』(2019年公開)監督の三木孝浩、『となりの怪物くん』『センセイ君主』『響-HIBIKI-』監督の月川翔をはじめとする、スターダストに所属する7名の監督の作品上映およびショートフィルムコンペティション作品あわせて計13作品を上映し、ティーチインを実施。

開会舞台挨拶では月川が司会進行をつとめ、「今年で2回目を迎えることができました。お客さんと距離の近い映画祭にしたいと思っておりまして、我々ロビーなどにもおりますので気軽に声をかけていただけたらと思います。それではスターダストディレクターズフィルムフェス、開催です。」と挨拶。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を上映した三木は、「公開してからまたこうやってスクリーンで観れることがとても嬉しいです。僕もDVDで見直したりするんですが、やっぱり大きな音で聞けるのがいいですね。声の演技がとても伝わるので。鴨川の河川敷のデートシーンでは、一回撮ったんですが天気が悪くて、クランクアップの日にもう一度トライしたんですけど、ほとんどアドリブで、小松(菜奈)さんが福士(蒼汰)くんに無茶振りするんですよ(笑)。それが面白かったですね。」と、映画をスクリーンで観ることの魅力などを語った。

また、第1部の短編は『あとのまつり』『ジュリエット×2~恋音ミュージカル~』『Cycle-Cycle』を上映。
『あとのまつり』キャスティングについて聞かれた瀬田なつきは、「演技レッスンを見に行った時に癖が付いてなくのびのびした感じがしたので中山(絵梨奈)さんと福田(佑亮)くんにお願いしました。ダンスシーンは福田くんが振付をしてます。」とキャスティング理由をあかした。
落合賢は『ジュリエット×2~恋音ミュージカル~』制作の経緯について、「AAA『恋音と雨空』という曲をテーマとした短編を作っていただけないかとオファーがありまして作りました。今をときめく飯豊(まりえ)さんをキャスティングさせていただきまして、撮影してる時からとても輝いていたことを覚えてます。」と話し、
金井純一は、「番組の企画で出演者3人を演技レッスンするという企画だったんですが、どうせなら短編を撮って海外に出しませんか?という企画書を提出したら番組側がのってくれて成立しました。それで『Cycle-Cycle』がドイツの映画祭でグランプリをいただいたり、いくつか映画祭でも上映できたので目的を達成できてよかったです。」と、海外映画祭での上映の喜びを語った。

さらに、第2部の短編では『アンナとアンリの影送り』『ラブレター』を上映。
『アンナとアンリの影送り』についてYuki Saitoは、「花坂(椎南)さんと小野(莉奈)さんというフレッシュな女優を主人公に、二人をいかに輝かすかということを考えて撮りました。撮影は3日間という短い時間だったんですが、日に日に成長していってそれを捉えていくことが本当に楽しかったです。これから二人はすごい女優さんになると思います。」と話し、
中島良は、「『ラブレター』は6年くらい前にBS12でやっていた“カウンターのふたり”という番組から生まれた作品です。10代の山﨑賢人さんは当時から真面目だけど現場ではいい意味で体の力が抜けていて、とても雰囲気がありました。」と、当時を振り返った。

月川は『君の膵臓をたべたい』について、「『111回見ています』と声をかけていただいて本当にたくさん愛していただいているなと感激しました。今日初めてご覧になった方いますか?(多くの挙手が)新たに出会えてよかった。本当に嬉しいです。北村匠海くんは中学時代にRADWIMPSのPVで一緒にお仕事をしていましてイノセントな雰囲気のいい子だなと思っていたのですが、オーディションで再会してそのまま大きくなっていたので『やった見つけた!』と思いました。」と、他質問にも応え、最終ティーチインを締めくくった。

そして、第二回となる今年は、若手監督発掘のために広く一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションを開催し、イベント内で上位6作品をスクリーンで上映。審査に参加してくださったお客様と審査員による評点の結果、山羊博之監督『うたた寝の少女』が<Prey Veng賞>に決定した。

閉会舞台挨拶で三木は、「北は北海道、南は九州からわざわざお越しいただいた方もいるとのことでありがとうございます。昨年スタートして、これが一つの映画祭として成立するのかと不安なところからのスタートだったんですが、お客さんがあたたかくて。監督は孤独な戦いを強いられることが多いんですが、こうやって同じ事務所の監督達と一緒にイベントを盛り上げて、お互い刺激しあってモチベーションが上がっていいなと思いましたので、また続けていけたらと思います。本日は長時間ありがとうございました。」と幕を閉じた。

MOVIE

月川翔 監督作品・映画『響 -HIBIKI-』初日舞台挨拶!

月川翔監督作品・映画『響 -HIBIKI-』初日舞台挨拶が9/14(金)TOHOシネマズ 日比谷にて行われ、月川が登壇した。

同作は、2014年より「ビッグコミックスペリオール」(小学館)にて連載開始と同時に人気が爆発し、「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した柳本光晴さんによる大人気漫画「響~小説家になる方法~」の映画化。主人公は、低迷する文学界に突如として現れた一人の天才女子高生小説家・鮎喰(あくい)響(ひびき)。処女作で直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙を達成してしまうほどの才能に加え、何があっても自分の信念を曲げない姿勢で周りの常識や建前に囚われた人間たちに対して、彼らの価値観をも変えてしまうほど大きな影響を与えていく人間ドラマを描く。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した月川は、「撮影前はクランクインが出来ないかもしれないヒリヒリとした時間を過ごしていましたが、今日無事に公開初日を迎えられてとても嬉しく思っています。今日は最後までよろしくお願いします。」と挨拶。

公開を迎えての心境について、「早速感想をネットで検索して拝見していて、熱烈に支持して下さる方がいたり、逆に完全に拒絶反応を示している方もいて…。でも、ちゃんと楽しんでくれた方がいたのが良かったなと思っています。」とコメントした。

イベント中にはタイトルにかけて『最近、心“響”いたエピソード』を発表する一幕も。
『小栗旬の言葉』と書いた月川は、「僕が監督として所属している事務所の先輩で三木孝浩監督という方がいらっしゃって、よく青春を映画を撮られているのですが、僕の作風からよくポスト三木孝浩監督と言われることがあるんです。僕は全然嫌じゃないのですが、それを読んだ小栗旬が『翔やんはオンリーワンだろ!』って言ってくれたことが響きました。たまに家でその言葉を奥さんに小栗旬のモノマネで言ってもらったりして、自分を鼓舞しています(笑)。『響 -HIBIKI-』を観て下さった三木監督も『月川君のカラーを感じました。今までの月川作品で1番好きな映画です。』と連絡をくれて、小栗さんの言うオンリーワンになれたかなということで、これにしました。」と話した。

最後は、「この映画を作って良かったなと心底思っています。たくさんの方に届くことを願っています。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、締めくくった。

監督作品・映画『響 -HIBIKI-』は、全国東宝系にて公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【STORY】
スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。
そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』。
15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。
文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみとの出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。
しかし、響は、普通じゃない。彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。
一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
東京芸術大学大学院映像研究科 修了。在学中、黒沢清・北野武教授のもと「心」など4作品を監督。
ウォン・カーウァイ、ソフィア・コッポラらが審査員を務めた「LOUIS VUITTON Journeys Awards 2009」にて審査員グランプリ、また映画「グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~」では「Short Shorts Film Festival & Asia 2012」ミュージックShort部門シネマティックアワード・優秀賞を受賞。
映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」や、ドラマ「ダメな私に恋してください」、またキットカットのCM、ももいろクローバーZ、Every Little Thing、RADWIMPSなどのミュージックビデオ、ショートフィルムなど幅広いフィールドで活躍している。

<コメント>
「ストーリー性のある映像作品が得意です。15秒のCMから長編までの実績があります。事前によく相談し、オーダー以上のクオリティをいつも模索します。判断力と運の良さが取り柄です」

WORKS

 
【MOVIE】
◆「響-HIBIKI-」(2018年9月14日公開/平手友梨奈 アヤカ•ウィルソン 柳楽優弥 小栗旬 北川景子)
◆「センセイ君主」(2018年公開/竹内涼真 浜辺美波)
◆「となりの怪物くん」(2018年公開/菅田将暉 土屋太鳳)
◆「君の膵臓をたべたい」(2017年公開/浜辺美波 北村匠海)
◆「君と100回目の恋」(2017年/miwa 坂口健太郎)
◆「黒崎くんの言いなりになんてならない」(2016年/中島健人 小松菜奈 千葉雄大)
◆「この世で俺/僕だけ」(2015年/マキタスポーツ 池松壮亮 佐野史郎)
◆「ビタースウィート~オトナの交差点~」(2014年/本仮屋ユイカ ミッキーカーチス)
◆「ゴーストバンド」(2013年/マキタスポーツ 広瀬すず 片岡礼子)
◆「グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~」(2012年/松坂桃李 波瑠)
◆「携帯彼氏+(プラス)」(2012年)
◆「携帯彼女+(プラス)」(2012年)
◆「Cheerfu11y」(2011年)
◆「きっかけはYOU!」(2011年)

【SHORT MOVIE】
◆BEAMS「The perfect gift shop BEAMS」(2014年/ローラ)
◆UULA「3年ぶりに会った元カレの件」(2013年/田中圭 佐藤めぐみ)
◆Heather「Heather LOVE Short Movies」(2012年/大政絢 千葉雄大 本郷奏多 山﨑賢人)
◆ワコール「Salute」(2012年)
◆docomo「恋するアプリ」(2012年)
◆モバドラ「4×4」(2010年/忽那汐里 林遣都 染谷将太)
◆ルイヴィトン「The time walker with IDYLLE」(2010年/竹内結子)
◆ルイヴィトン「The time walker」(2009年/Louis Vuitton Journeys Awards審査員グランプリ受賞)

【TV DRAMA】
◆TBS「ダメな私に恋してください」5、7話(2016年/深田恭子 DEAN FUJIOKA)
◆MBS・TBS「るみちゃんの事象」(2015年/トミタ栞 真野恵里菜)
◆TX「太鼓持ちの達人」4話~7話(2015年)
◆TX「みんな!エスパーだよ!」8、9話(2013年/染谷将太 夏帆 真野恵里菜)
◆BSジャパン「佐藤家の朝食、鈴木家の夕食」(2013年/山﨑賢人 小林涼子)
◆TX「D×TOWN ボクらが恋愛できない理由」(2012年/山田裕貴)

【CM】
◆Samantha Vega×映画『ひるなかの流星』
◆ネスレ「キットカット オトナの甘さ」
◆丸美屋「こだわり食感 ヒーローショー篇」
◆四国電力「大きな輪」(玉木宏)
◆ニューギン「戦国武将列伝 伊達政宗」

【MUSIC VIDEO】
◆TWICE「I Want You Back」「センセイ君主」×TWICEオリジナルMV
◆ももいろクローバーZ「泣いてもいいんだよ」父の日ver.
◆Every Little Thing「START」
◆RADWIMPS「携帯電話」
◆HKT48「泥のメトロノーム」
◆SKE48「愛のルール」
◆SPEED「指環」
◆TEE「電話で抱きしめて」
◆K「Brand New Day」
◆Rihwa「シュークリーム」
◆シクラメン「どんなに どんなに」
◆シクラメン「101」
◆奥華子「冬花火」
◆真野恵里菜「Next My Self」
◆吉川友「きっかけはYOU!」
◆KIDS「38.5℃」
◆FLOW「旅立ちグラフィティ」
◆Good Coming「君想う唄」
◆メロライド「ココニアル」
◆hinaco「101年後」
◆シナリオアート「フユウ」

【OTHER】
◆浜松全天周シアター「AGGRESSOR」
◆NHK Eテレ「Eテレ0655」おはようソング「電車で化粧はやめなはれ」(ブラックマヨネーズ・椿鬼奴・いとうあさこ)

pagetop

page top
http://www.avtomaticheskij-poliv.kiev.ua/

ry-diplomer.com/udostoverenie-internatury

xn----7sbajornvhu8c.com.ua/%D0%BE%D1%85%D1%80%D0%B0%D0%BD%D0%B0-%D1%81%D0%BA%D0%BB%D0%B0%D0%B4%D1%81%D0%BA%D0%B8%D1%85-%D0%BF%D0%BE%D0%BC%D0%B5%D1%89%D0%B5%D0%BD%D0%B8%D0%B9/