Prey Veng SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
イチハラ ハヤト

市原隼人

ニュースNEWS

TV

市原隼人 ドラマ「明日の君がもっと好き」記者会見!

市原隼人主演ドラマ「明日の君がもっと好き」(テレビ朝日)の記者会見が1/18(木)都内で行われ、共演者と共に市原が出席した。

同作のテーマは、“人生に一度だけの大切な恋”――。
「女は面倒くさい」と言ってはばからない、恋に冷めた造園デザイナー・松尾亮(市原)、ダメ男とばかり関係を持ち、恋をあきらめかけている30代女性秘書・里川茜(伊藤歩さん)、人懐っこいキャラとは正反対のウラの顔を持つ新社会人の男・城崎遥飛(白洲迅さん)、そして、自身の性的アイデンティティーに悩み、昼は工事現場、夜はガールズバーで働く丹野香(森川葵)といった、一癖も二癖もある<オトコ2人☓オンナ2人>の男女が、一筋縄ではいかない恋愛模様を繰り広げる新感覚のヒューマンラブストーリー。
さらに、4人の恋路に首を突っ込む茜の妹・黒田梓(志田未来さん)も加わりそれぞれにヒミツを抱えながら、結ばれたり、離れたり…を繰り返し、次に何が起こるかわからない“想定外”の物語を紡ぎ出していく。
また、登場人物それぞれの仕事観や、人知れず抱えた心や体に関する煩悶、家族との葛藤など、さまざまな要素を交えた濃密な人間ドラマを展開。恋愛だけではない、上質で味わい深いエンターテインメント作品として描かれる。

市原は、老舗造園会社『丹野園』に住み込みで働く、造園デザイナー・松尾亮を演じる。亮は、九州・博多を拠点とする大衆演劇の名門一座に次男として生まれるが、口下手で役者になることを嫌い中学卒業と同時に出奔。東京で行く当てもないところを、造園会社の社長に拾われた。趣味はカメラで蝶など昆虫や草花を撮ること。声をかけてくる女性とは付き合うものの恋や愛には興味がない植物系で、休日はカメラ片手にバイクで出かけては、一人の自由な時間を過ごしている、という役どころ。

ドラマで重要なシーンを繰り広げるガールズバー「桃の秘密」のスタジオセットで行われたこの日の会見。作品について市原は、「社会派のような、観ているお客様に問いかけお客様自身が見つめ直しことができるような作品。深い鋭利な角度から描いたスピード感あふれる恋愛群像劇を楽しんでいただければと思います。宜しくお願いします。」とPRした。

また、自身の役柄について、「まず“言葉がヘタ”というセリフがあって、自分にピッタリだなと思って笑ってしまいました。僕自身、バイクとカメラがすごく好きで、この作品の中で自分の愛車を出しています。1話の完成したものを観た時に“カッコイイ”と言いながら10回位観てしまいました(笑)。僕の好きなことに囲まれてできる現場なので、すごく嬉しいです。」と満面の笑みで話した。

その後、現場の雰囲気を聞かれ、「離れたくなくなるような現場。先日、キャストで食事にいったのですが、帰りたくなくなってしまったことも―。本当に大好きです。」と愛情たっぷりに語った。

登場人物たちが運命に翻弄されていく姿を描いていることから、自身が経験した運命の出会いは?という質問があがり、「支えてくださるファンの方です。時間が経ったので言えることですが、“あと数ヶ月しか命がない。でも病室で隼人くんの笑顔や作品を見ると頑張れるんです。”って言っていただける方がいて、そのときに涙が止まらなかった。役者やドラマ、エンターテイメントというものはお客様のためにあるんだという根源を改めて感じさせていただきました。その出会いはずっと忘れません。」と告白した。

その後、11年ぶりの共演となる伊藤歩さんについて、「13歳の時に初めてお会いしました。その時から世界観があって、自分の経験で目の前のものを見ている女性でした。また、繊細でもありながら力強く凛としている姿に、素敵なお姉さんだなという印象を持ちました。当時はその背中を追っていて、今でも変わらず現場のどこかで背中を追いかけている部分があって、それはずっと変わらないことだと思います。その感覚が嬉しくて、墓に入るまでやっていける職業の財産なのかなと。いろいろなことを乗り越えてやっていけば、こういう経験ができるんだと改めて感じさせていただいた方です。絶対的な安心感がありますし、成長した自分を見せたいという気持ちも沸いてくる、緊張と緩和を両方いただけるような素敵な方だと思っています。」と話した。

ドラマ「明日の君がもっと好き」は、テレビ朝日にて1/20(土)より毎週土曜23:05~O.A!
ぜひお楽しみください。

TV

市原隼人 ドラマ「明日の君がもっと好き」主演決定!

市原隼人が、2018年1月スタートのドラマ「明日の君がもっと好き」(テレビ朝日)で主演を務めることが発表された。

同作のテーマは、“人生に一度だけの大切な恋”――。
「女は面倒くさい」と言ってはばからない、恋に冷めた造園デザイナー・松尾亮(市原)、ダメ男とばかり関係を持ち、恋をあきらめかけている30代女性秘書・里川茜(伊藤歩さん)、人懐っこいキャラとは正反対のウラの顔を持つ新社会人の男・城崎遥飛(白洲迅さん)、そして、自身の性的アイデンティティーに悩み、昼は工事現場、夜はガールズバーで働く丹野香(森川葵)といった、一癖も二癖もある<オトコ2人☓オンナ2人>の男女が、一筋縄ではいかない恋愛模様を繰り広げる新感覚のヒューマンラブストーリー。
さらに、4人の恋路に首を突っ込む茜の妹・黒田梓(志田未来さん)も加わりそれぞれにヒミツを抱えながら、結ばれたり、離れたり…を繰り返し、次に何が起こるかわからない“想定外”の物語を紡ぎ出していく。
また、登場人物それぞれの仕事観や、人知れず抱えた心や体に関する煩悶、家族との葛藤など、さまざまな要素を交えた濃密な人間ドラマを展開。恋愛だけではない、上質で味わい深いエンターテインメント作品として描かれる。

市原は、老舗造園会社に住み込みで働く、造園デザイナー・松尾亮を演じる。亮は、九州・博多を拠点とする大衆演劇の名門一座に次男として生まれるが、口下手で役者になることを嫌い中学卒業と同時に出奔。東京で行く当てもないところを、造園会社の社長に拾われた。趣味はカメラで蝶など昆虫や草花を撮ること。声をかけてくる女性とは付き合うものの恋や愛には興味がない植物系で、休日はカメラ片手にバイクで出かけては、一人の自由な時間を過ごしている、という役どころ。

同作について市原は、「この作品はラブストーリーではありますが、その裏側で登場人物ひとりひとりが抱えているものを深く、鋭利な角度から描いていくヒューマンドラマでもあります。しかも、彼らの恋は一筋縄ではいかず、天秤のようにギリギリのバランスで成り立っている…。何かひとつでもズレてしまうとすべてが壊れてしまうような関係が展開する、美しくもはかない、素敵な作品だと思います。」とコメント。

演じるにあたり、「僕はよく、“熱い男”のイメージがあるといわれるのですが、まったくもって熱くないです(笑)。役者は作品によって見られ方が変わると思うので、今回、また自分の新たな一面をお見せできるのが、とても楽しみですね。実は、主人公がバイクとカメラが趣味の男と聞いて、2つ返事でお引き受けしました。僕もバイクやカメラは大好きなので、自前のものを使わせていただき、細かい動きも、しっかりと手を抜かずに作っていきたいと思っています。」と意気込みを語った。

また撮影について、「伊藤歩さんは13歳の頃から知っていて、共演は約11年ぶり。初共演のとき、“すごくキレイな女性だなぁ”と思っていたので、その方とラブストーリーという形でご一緒するのはちょっと恥ずかしく、現場から逃げたいぐらいです(笑)。そのほか、素晴らしいキャストの方々が揃っていますが、僕は“現場にいる全員が主演”と思っているので、それぞれやりたいことをやって気がついたら“円”になっている現場が理想。その輪の中で、キャスト、スタッフの皆さんとテーマを確認しあいながら、ドラマを作り上げていけたら…。」と期待を寄せた。

そして最後に、「この作品ではそれぞれの登場人物の生い立ちや価値観、それに対する世間の見方などが深く描かれ、生きる上でのヒントになるようなシーンがたくさんあります。このドラマが“人生のひとつの経験”として視聴者の皆さんの胸の中に入ると嬉しいです。」と話した。

ドラマ「明日の君がもっと好き」は、2018年1月より、テレビ朝日にて毎週土曜23:05~放送。
ぜひ、ご期待ください!

プロフィールPROFILE

MOVIE

2001年

01月

「リリイ・シュシュのすべて」(ロックウェル・アイズ) ※主演
※岩井俊二監督作品
2003年

01月

「T.R.Y.」(東映)

01月

「黄泉がえり」(東宝)

09月

「偶然にも最悪な少年」(東映) ※主演
※2004日本アカデミー賞新人賞受賞
2004年

10月

「陰陽師2」(東宝)
2006年

04月

「チェケラッチョ!!」(東宝) ※主演

10月

「天使の卵」(松竹) ※主演

10月

岩井俊二主宰企画開発プロジェクト “play works”第1弾映画
「虹の女神 RainbowSong」(東宝) ※主演
2008年

01月

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」(日活) ※主演

04月

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」(GAGA) ※主演

06月

「神様のパズル」(東映) ※主演
2009年

04月

「BATON」(開国博Y150) ※主演アニメ

05月

「ROOKIES-卒業-」(東宝)
2010年

02月

「猿ロック THE MOVIE」(S・D・P/ショウゲート) ※主演

05月

「ボックス!」(東宝) ※主演

10月

「ガフールの伝説」(ワーナーブラザース) ※日本語吹替版:主演アニメ
2011年

10月

「DOG×POLICE 純白の絆」(東宝) ※主演
2012年

06月

「闇金ウシジマくん」(S・D・P)
2015年

06月

「極道大戦争」(日活) ※主演
2016年

02月

「ホテルコパン」(アドウェイズ・ピクチャーズ) ※主演

03月

「星ガ丘ワンダーランド」(ファントム・フィルム)

12月

「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」(松竹)
2017年

04月

「ブルーハーツが聴こえる 人にやさしく」(ティ・ジョイ) ※主演

04月

「無限の住人」(ワーナー・ブラザース)
 
「サムライせんせい」 ※主演
(2017年冬 高知先行公開、2018年全国公開予定)

TV

2002年

02月

「ビタミンF~はずれくじ篇~」(NHK)
2003年

01月

月曜ドラマシリーズ「緋色の記憶」(NHK)

01月

「僕の生きる道」(CX)
(~03月)

05月

「きまずっ!」(CX)

07月

「ひと夏のパパへ」(TBS)
(~09月)

10月

「ヤンキー母校に帰る」(TBS)
(~12月)
2004年

04月

「仔犬のワルツ」(NTV)
(~06月)

07月

「ウォーターボーイズ2」(CX) ※主演
(~09月)
2005年

04月

「あいくるしい」(TBS) ※主演
(~06月)
2008年

03月

「ワイルドライフ 国境なき獣医師団R.E.D」(NHKBShi) ※主演

04月

「ROOKIES-ルーキーズ-」(TBS)
(~07月)

08月

「ワイルドライフ 国境なき獣医師団R.E.D」(NHK総合) ※主演

10月

「ROOKIESスペシャル」(TBS)

12月

金曜特別ロードショー「252 生存者あり エピソードゼロ」(NTV) ※主演
2009年

03月

「世にも奇妙な物語 2009年春の特別編」(CX)

07月

「猿ロック」(NTV) ※主演
(~10月)
2011年

10月

「ランナウェイ~愛する君のために」(TBS) ※主演
(~12月)
2012年

04月

「陽だまりの樹」(NHK BSプレミアム) ※主演
(~06月)

10月

「幸せを創る手の物語」(TX) ※ナレーター
(~2013年03月)
2013年

01月

「カラマーゾフの兄弟」(CX) ※主演
(~03月)

10月

「抱きしめたい!Forever」(CX)
2014年

02月

『「黄金のバンタム」を破った男~ファイティング原田物語~』(CX) ※主演
2016年

03月

「桜坂近辺物語 第2夜『近辺2』」(CX)
 
「双葉荘の友人」(WOWOWプライム) ※主演

04月

「不機嫌な果実」(EX)

09月

「往復書簡~十五年後の補習」(TBS)
2017年

01月

大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)
(01月~)

04月

「リバース」(TBS)
(~06月)

09月

「沈黙法廷」(WOWOWプライム)
(~10月)
2018年

01月

「明日の君がもっと好き」(ANB) ※主演
(01月~)

STAGE

2010年

11月

パルコプロデュース「カーディガン」
2015年

03月

「最後のサムライ」 ※主演
(2015.03.04~03.15/天王洲銀河劇場)

DVD

2002年

06月

映画「リリイ・シュシュのすべて」
(2002.06.28)
2003年

06月

ドラマ「僕の生きる道」
(2003.06.27)

07月

映画「T.R.Y」
(2003.07.16)

08月

映画「黄泉がえり」
(2003.08.21)
2004年

02月

ドラマ「ヤンキー母校に帰る」
(2004.02.25)

03月

映画「偶然にも最悪な少年」
(2004.03.21)

04月

映画「陰陽師2」
(2004.04.28)

09月

ドラマ「仔犬のワルツ」
(2004.09.22)
2005年

01月

ドラマ「ウォーターボーイズ2」
(2005.01.19)

10月

ドラマ「あいくるしい」
(2005.10.07)
2006年

10月

映画「チェケラッチョ!!」
(2006.10.04)
2007年

03月

映画「天使の卵」
(2007.03.28)

04月

映画「虹の女神 Rainbow Song」
(2007.04.27)
2008年

06月

映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」
(2008.06.13)

07月

ドラマ「ROOKIES」表(おもて)BOX
(2008.07.18)

08月

映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
(2008.08.22)

08月

ドラマ「ワイルドライフ 国境なき獣医師団R.E.D」
(2008.08.22)

10月

ドラマ「ROOKIES」裏(うら)BOX
(2008.10.08)

10月

「ドキュメント of ROOKIES~11人が戦った141日間のキセキ~ 完全版」
(2008.10.29)

11月

映画「神様のパズル」
(2008.11.21)

12月

ドラマ「252 生存者あり Episode.ZERO」
(2008.12.24)
2009年

04月

「ドキュメント of ROOKIES-卒業-」
(2009.04.22)

05月

「252生存者あり」映画+ドラマ合体版DVD
(2009.05.22)

10月

ドラマ「世にも奇妙な物語 2009年春の特別編」
(2009.10.21)

12月

「情熱大陸×市原隼人」
(2009.12.04)

12月

映画「ROOKIES-卒業-」
(2009.12.04)

12月

ドラマ「ROOKIES」
(2009.12.04)
2010年

01月

ドラマ「猿ロック」
(2010.01.20)

04月

ドラマ「40女と90日間で結婚する方法」
(2010.04.23)

08月

映画「猿ロック THE MOVIE」
(2010.08.04)

11月

映画「ボックス!」
(2010.11.26)
2012年

03月

ドラマ「ランナウェイ~愛する君のために」
(2012.03.16 )

03月

映画「DOG×POLICE 純白の絆」
(2012.03.28)

10月

ドラマ「陽だまりの樹」
(2012.10.26 )
2013年

02月

映画「闇金ウシジマくん」
(2013.02.08)

08月

ドラマ「カラマーゾフの兄弟」
(2013.08.02)
2015年

06月

「Butterfly」
(2015.06.20)

11月

映画「極道大戦争」
(2015.11.03)
2016年

06月

ドラマ「双葉荘の友人」
(2016.06.22)

10月

ドラマ「不機嫌な果実」
(2016.10.19)

BOOK

2006年

12月

Personal Photo Book「ぴーす」
(2006.12.11)
2009年

05月

Photo&Word Book「HigH LifE」
(2009.05.14)

10月

写真集「HAYATO×JUNON LIFE」
(2009.10.23)
2011年

09月

3rdフォトブック「VOLTAGE」
(2011.09.29)
2015年

06月

写真集「G 市原隼人」
(2015.06.20)

WEB

2014年

09月

dビデオオリジナルドラマ「ハング」 ※主演

pagetop

page top
читать дальше

читайте здесь