MOVIE

小松菜奈 映画「坂道のアポロン」公開直前イベント!


小松菜奈出演映画「坂道のアポロン」の公開直前イベントが3/7(水)都内で行われ、監督・キャストと共に小松が登壇した。

原作は、2007年11月号から2012年3月まで「月刊flowers」(小学館)にて連載され、第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位を獲得した人気漫画家・小玉ユキ氏による名作少女コミック。
主人公の孤独な青年・薫が転校先の高校で、一生ものの友達と恋、そして音楽と運命を変える出会いをし、自ら人生を切り開いていく10年が描かれる。

舞台は長崎県・佐世保市。高校生の西見薫(知念侑李さん)は、父を亡くし親戚の暮らすこの町へと引っ越してきた。優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(中川大志)と心優しいクラスメイト・迎律子(小松)と出会う。初めてできた一生ものの親友、千太郎を想う律子に対して焦がれる一生ものの恋。千太郎を通じて知ったジャズの魅力。運命を変える出会いを果たした薫と千太郎はセッションを響かせていく――。

小松は、千太郎の幼馴染で町のレコード屋の娘、薫が想いを寄せる心優しい女の子・迎律子を演じる。

舞台挨拶にて小松は、「今週公開ということで、ドキドキするのと、寂しさと嬉しさが交じり合った気持ちです。私たちしか知らなかった撮影の日々を全国の皆さんに観ていただくのは、不思議な気持ち。いろいろな思い出や想いがあります。ひとりひとりの胸に染み渡ったらいいなと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

この日は同作に感銘を受けられたというジャズシンガー・綾戸智恵さんがスペシャルゲストとして登場し、綾戸さんを交え来場者に事前に配られた「音楽」「友情」「恋」と書かれたパネルを使って、どのポイントに一番感動したかを質問。「友情」と「音楽」が感動ポイントとして多くあげられ、小松自身も「音楽」と回答していた。

同作の見どころの1つ、ジャズセッションのシーンについて、「一番前で生の音を聴くことができて感動して、自然と涙が出てきました。ディーン・フジオカさん、中村梅雀さんの大人の支えがあって、そこに2人(知念さん、中川)が入っていくところは、自分も自然と体を揺らしてしまうくらい楽しかったです。」と振り返った。

映画「坂道のアポロン」は、3/10(土)公開!
ぜひ劇場でご覧ください。