OTHER

佐野勇斗、初のソロカレンダー発売にファン1500人来場!



佐野勇斗の初の単独ソロカレンダー『佐野勇斗カレンダー 2018.04-2019.03』発売に伴い、3月11日(日)福家書店 新宿サブナード店にて発売記念イベントを開催!ファン1500人が来場し、触れ合いを楽しんだ。

ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(TBS系)で、物語のキーパーソンとなる、ミステリアスな青年役を演じて話題となった現在、若手ネクストブレイク株の筆頭・佐野が、初めて単独ソロカレンダーをリリース。32ページにわたる「ブックスタイル」の壁掛けカレンダーで、19歳の、10代最後の貴重な今の魅力を凝縮。ボーカルダンスユニット「M!LK」の時とはひと味もふた味も違う、“俳優・佐野勇斗”にフィーチャーし、ナチュラルで等身大、繊細さと大胆さ、根っからの明るさと、ふとした時に見せる憂いの表情などなど、1枚1枚を抒情的に、その瞬間を収めた作品に仕上がった。

佐野は、初めてのソロカレンダー発売が決まった時の心境について、「今まで“M!LK”のユニットとして出させてもらったことはあるんですけど、“僕1人のカレンダーを買ってくれる人がいるのかな?”という不安な気持ちも大きかったんですけど、でも撮影はすごく楽しかったです!毎月違う表情の僕を見てもらえたらと思います。」とコメント。

お気に入りの写真は、ヘアバンドを着けているカットをセレクト。その理由について、「こういうヘアバンドをしたことがなくて、20歳になったら可愛い姿も卒業していくのかな?と思うので、可愛げのある僕を残せたらと思って選びました。」と話し、千葉県のマザー牧場で撮影した思い出について、「そこにいたアルパカがすごくモフモフで可愛くて、一緒に撮った写真の僕も良い表情が撮れていると思うので注目してほしいです。」とアピールした。

3月23日で20歳を迎える佐野。20歳になって挑戦したいことについて、「海外に行きたいです。昔から海外の文化に憧れがあるので、いろんな国を見てみたいなと。まずはイタリアに行ってピザを食べに行きたいです!」と回答。
仕事面でのチャレンジを聞かれると、「まだ、例えば俳優業1本にしぼっていきたいとかは全く無くて、俳優だったり、歌ったり踊ったりの音楽活動だったり、バラエティーだったり、自分の引き出しをどんどん増やしていきたいです。」と話し、具体的な作品については、「大人になったらできない役というか、青春もの、スポーツもの、学校の部活みたいな野球とかサッカーとかはやってみたいです。」と話した。

今年8月1日公開の初主演映画『青夏 Ao-Natsu』を控えている佐野。初主演が決まった時の心境について、「事務所のいろんな先輩を見てきて、すごい先輩方に憧れて僕はこの世界に入ったので、その先輩方に少しでも近づけたらという気持ちもあるんですけど、“主演”はすごく大きなものを背負わなくてはいけないので、そういう意味での不安はとても大きいです。」とコメントした。

ソロカレンダーを“M!LK”のメンバー達に見せたかを聞かれると、「いや、見せてないです!(笑)見せた方がいいですか?!じゃ、配ります!(笑)」とハニカミながら返答。

最後は、ファンの皆さんへ向けて、「10代最後の僕のいろんな表情が見れるカレンダーになっているので、毎月たくさんいろんな表情の佐野と過ごしてください!」とメッセージをおくった。

佐野は、現在放送中のドラマ「トドメの接吻 」(日本テレビ系・長谷部寛之役)に出演。
さらに、映画「ちはやふる -結び-」(3月17日公開・筑波秋博 役)、映画「羊と鋼の森」(6月8日公開・外村雅樹 役)、映画「青夏 Ao-Natsu」(8月1日公開・泉吟蔵役)、映画「3D彼女 リアルガール」(今秋公開予定・筒井光 役)、映画「走れ!T校バスケット部」(今秋公開予定・矢嶋俊介役)と、今年公開予定の5本の待機作も控えている。
今後の出演作品に是非ご期待ください。


「佐野勇斗カレンダー2018.04-2019.03」
発売日:2018年2月14日(水) ※一部、発売日が異なる地域がございます。
定 価:2,700円(税込)
※全国の書店、ネット書店、弊社TOKYONEWS magazine&mook( )に
てご購入いただけます。