MOVIE

三木孝浩 監督作品・映画『坂道のアポロン』初日舞台挨拶!


三木孝浩監督作品・映画『坂道のアポロン』が3/10(土)公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木で行われた舞台挨拶に三木が登壇した。

原作は、2007年11月号から2012年3月まで「月刊flowers」(小学館)にて連載され、第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位を獲得した人気漫画家・小玉ユキ氏による名作少女コミック。主人公の孤独な青年・薫が転校先の高校で、一生ものの友達と恋、そして音楽と運命を変える出会いをし、自ら人生を切り開いていく10年が描かれる。

舞台は長崎県・佐世保市。高校生の西見薫(知念侑李さん)は、父を亡くし親戚の暮らすこの町へと引っ越してきた。優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(中川大志)と心優しいクラスメイト・迎律子(小松菜奈)と出会う。
初めてできた一生ものの親友、千太郎を想う律子に対して焦がれる一生ものの恋。千太郎を通じて知ったジャズの魅力。運命を変える出会いを果たした薫と千太郎はセッションを響かせていく――。

舞台挨拶にて三木は、「監督としては初日にお客さんが入ってくれるかどうか、胃が痛い状況があったりしますが、これだけたくさんの方に観ていただけて本当に嬉しく思います。映画はいかがだったでしょうか。キャスト・スタッフ共に愛情を注いで作った作品です。日本中に広まってみんなに愛される映画になってほしいです。よろしくお願いいします。」とコメント。

同作が、運命を変える一生ものの友情、恋、音楽との出会いにキャラクターたちが動き出していく作品になっていることから、“自身の一生ものだと思うものは?”という質問があがり、「矢沢永吉さんの“楽しめ”という言葉です。矢沢さんがアーティストデビューした後、友達に裏切られたり、大きな借金を抱えたりといった大変な状況のなかで、もうひとりの自分が俯瞰で見て“楽しめ”と言えば心が軽くなって困難も乗り越えられるといったお話をされていたんです。その言葉を聞いた時、僕は映画の1本目を作っていた頃で、苦しい思いをしましたが、“楽しめ”という一言で救われて、その状況をワクワクして楽しむことが人生を豊かにするんだと感じて、僕にとって一生ものの言葉になりました。僕の現場では、いつもスタッフ・キャストがまずは楽しむことを第一のモットーにしています。」と熱弁した。

監督作品・映画『坂道のアポロン』は、現在公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
https://poliv.ua

Наш нужный сайт со статьями про матрас зима лето askona.ua/
read more optiontradingstrategies.net