STAGE

市原隼人 ミュージカル「生きる」出演決定!


市原隼人が10月にTBS赤坂ACTシアターにて上演されるミュージカル「生きる」に出演することが発表された。

同作は、スティーヴン・スピルバーグやジョージ・ルーカスなどをはじめ、 世界じゅうの映画監督に影響を与えた「世界のクロサワ」こと黒澤明監督(1998年没)が1952年に発表した代表作「生きる」を、グラミー賞受賞の作曲家、ジェイソン・ホーランドと、日本を代表する演出家、宮本亜門がタッグを組みミュージカル化。還暦直前に余命半年を告げられた主人公・渡辺勘治が、残りの人生を懸けて市民のための公園を建設しようとするヒューマンドラマで、黒澤作品がミュージカルになるのは世界初のこととなり、大きな注目を集めている。

同作でミュージカル初出演となる市原は、主人公・渡辺勘治(市村正親/鹿賀丈史(ダブルキャスト))の一人息子・渡辺光男を演じる。
光男は最後まで、死を身近に感じ「生きる」意味を探す父親の思いを知ること無く、行動も理解できずに苦悩する役柄。同作では、父と子のすれ違いや葛藤も描かれる。

黒澤明没後20年を記念したミュージカル「生きる」は、10月に東京・TBS赤坂ACTシアターで上演。
ぜひご期待ください!

(敬称略)

■公式サイト