TV

新木優子 ドラマ「SUITS/スーツ」記者会見!


新木優子出演ドラマ「SUITS/スーツ」が、フジテレビにて10/8(月)月曜9時スタート!放送に先駆け、10/4(木)都内にて記者会見が行われ、新木が出席した。

原作は、全米メガヒットドラマ『SUITS』。ニューヨークの大手弁護士事務所を舞台に、敏腕弁護士・ハーヴィー・スペクターと、彼の才能あふれるチームの面々がさまざまな訴訟に挑む弁護士ドラマ。同作は、練りに練られた緻密な脚本、スピーディーかつユーモラスなセリフの応酬、魅力的で力強いキャラクター陣といった原作『SUITS』の特徴を余すところなく取り入れた上に、それらをさらに昇華させ、魅力的な作品となっている。

『幸村・上杉法律事務所』に勤務するパラリーガル・聖澤真琴役を演じる新木は、「原作が大好きで、この作品に参加させていただけることをすごく嬉しく思っています。今日は魅力を伝えて、たくさんの方に観ていただけるような日になればいいなと思っています。よろしくお願いします。」と挨拶。

撮影時のエピソードでは、主演の織田裕二さんと共演の中島裕翔さんがセリフの練習を逐一していることについて触れ、「(中島さんが)私とのシーンの時にも急に(別のシーンの)セリフを言って、それに返すということをやらせていただいています。そのおかげで現場に入った時も良い緊張感で撮影できているので、ありがたいなといつも思っています。」と明かした。

主人公・甲斐正午のキャラクターにちなんで、『これだけは負けない』と思うことを問われると、「些細なことにはなってしまいますが、最近メイクさんに褒めていただくことが多いので、まつ毛の長さは負けないかなと思います。」と照れくさそうに語った。

ドラマ「SUITS/スーツ」は、フジテレビにて10/8(月)スタート!
(毎週月曜 21:00~21:54 放送 ※初回30分拡大)
ぜひご覧ください。

【あらすじ】
都内の大手弁護士事務所「幸村・上杉法律事務所」に所属する、ハーバード大学卒の敏腕弁護士・甲斐正午(織田裕二)。彼は、事務所内でもトップクラスの稼ぎ頭ですが、その傲慢(ごうまん)な性格が災いして、人にやっかまれることもしばしば。もっとも当人は、そんな外野の声は気にも留めず、難解な訴訟を次々に解決していました。
ある日、甲斐は、上司から昇進の条件として、アソシエイト(パートナーとして働く若年の弁護士)を雇うことを提示されます。そこで彼は、秘書と共に新人採用の面接会を開くことに。そこに偶然やってきたのが、明晰(めいせき)な頭脳と、一度見たものは決して忘れないという驚異的な記憶力を持ちながらも、悪友の影響でその日暮らしの生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験で生活費を稼いでいた鈴木大貴(中島裕翔)だった。
当初は、悪事に手を染めていた人間は採用しないと言っていた甲斐でしたが、大貴の驚異的な記憶力と頭脳を評価し、自らのアソシエイトとして採用することを決意。弁護士資格を持たない彼の経歴を詐称することを提案し、自らの部下とします。こうして秘密を共有した二人は、常に対立しながらも、数々の厄介な訴訟を解決していくことに―。
(敬称略)