STAGE

廣瀬智紀 舞台「カレフォン」開幕!




廣瀬智紀W主演舞台「カレフォン」が10/4(木)東京・オルタナティブシアターで開幕した。

同作は、鈴木おさむ氏 作・演出による、切なく泣けるラブファンタジー。何をやってもうまくいかない派遣OL・茜の目の前に、突然、昔のスマホに死んでしまったはずの元カレが現れ、彼のおかげで少しずつ前を向いて歩きだす茜の姿が描かれる。さらに、同作では大塚愛さんによる主題歌の書き下ろしが実現。切ない“泣き恋”舞台を音楽で盛り上げていく。

茜は、派遣OLとして働くが、職場では上司に嫌味ばかり言われたり、うまくいかない。「生きていても楽しくない」そんなことを思ったある日、クローゼットにしまってあった古いスマホが、突然鳴り出す。使っていないはずの電話から聞こえたのは、2年前に病気で亡くなった恋人、駿の声だった。
彼のことを忘れようと必死だった茜の前に、スマホとなって現れた元カレ。
少しずつ前を向いて生きようとする、茜の一生懸命な姿に社長の息子で次期社長の陸は好意を抱く。
生きる実感のなかった茜と、茜を取り巻く人々が一歩ずつ動き出す…!

廣瀬は、2年前に病気で亡くなった茜の恋人・藤原駿を演じる。

開幕前に行われた会見に出席した廣瀬は、「1ヶ月みっちり稽古をしてきたので、「カレフォン」の世界観をどれだけお客様に届けられるか、ワクワクとドキドキでいっぱいです。」と初日を迎えた心境を吐露。

稽古の様子を聞かれ、出演者一同“とっても仲が良いです”と話し、「キャストのみんなでご飯に行かせていただいたのですが、それをきっかけに仲良くなれたのかなと思います。」と笑顔を見せた。

また、作品の見どころを、「ラブファンタジーというテーマではあるのですが、それ以上に人間ドラマがあります。登場人物たちの生き方がリアルなので、キャラクターの誰かに感情移入したり、こういう瞬間あるなっていうところがたくさん出てくると思います。観ていただいて一歩前に進める作品になればと思いますし、僕が演じる駿は茜をサポートする役なのですが、僕みたいな存在が近くに居てくれたらいいなとか思っていただけたら嬉しいです。」と語った。

そして最後に、「この舞台を観て、存分に泣き、存分に笑って、明日からの活力、一歩になればいいなと思います。ぜひ劇場に遊びにきてください。よろしくお願いします!」とPRした。

舞台「カレフォン」は、東京・オルタナティブシアターを皮切りに、大阪、広島、埼玉、仙台、北海道にて上演。
ぜひ劇場でご覧ください!

■舞台「カレフォン」

作・演出:鈴木おさむ
音楽:大塚愛

出演:廣瀬智紀、川栄李奈/戸塚純貴、柳美稀、山崎樹範

日程&劇場:
【東京公演】
日程:2018/10/4(木)~21(日)
劇場:オルタナティブシアター(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン別館 7階)

【大阪公演】
日程:2018/10/27(土)~28(日)
劇場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ(大阪府大阪市北区茶屋町19-1)

【広島公演】
日程:2018/10/31(水)
劇場:はつかいち文化ホールさくらぴあ(広島県廿日市市下平良1-11-1)

【川越公演】
日程:2018/11/3(土)
劇場:ウェスタ川越 大ホール(埼玉県川越市新宿町1-17-17)

【仙台公演】
日程:2018/11/6(火)
劇場:電力ホール(宮城県仙台市青葉区一番町3-7-1 電力ビル本館)

【七飯町公演】
日程:2018/11/11(日)
劇場:七飯町文化センター パイオニアホール(北海道亀田郡七飯町本町6-1-2)

【北海道公演】
日程:2018/11/13(火)
劇場:わくわくホリデーホール[札幌市民ホール](北海道札幌市中央区北1条西1丁目)

公式サイト:

(敬称略)