shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

美村里江 「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」完成披露試写会!

美村里江出演「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」の完成披露試写会が、11/7(水)に行われ、美村が登壇した。

同作は、革命的な発明により、“パンドラの箱”を開いた人々の運命を描く社会派ドラマシリーズの最新作。2008年、連続ドラマW第1作目としてスタートした「パンドラ」では“がんの特効薬”をテーマに、その後「パンドラⅡ 飢餓列島」(2010)では“遺伝子組み換え食品”、「パンドラⅢ革命前夜」(2011)では“自殺防止治療法”、ドラマWスペシャル「パンドラ~永遠の命~」では“クローン人間“と挑戦的なテーマを描いてきた。
今回のテーマは“AI”。人工知能はいまや、将棋や囲碁でプロ棋士を負かし、ビジネスの世界でもAIロボットが導入されるなど、多くの分野で注目を集めている。しかしこれらの技術の進歩は、AIが人間の仕事を奪うなど数々の問題を秘めている。人類にもたらされるのは輝かしい未来ばかりではなく、それは遠い先の話ではない。AIはすでに開かれている“パンドラの箱”だ。

美村は、看護師の橋詰奈美役を演じる。AI診断を担当。患者に優しく接する鈴木哲郎に惹かれていく、という役どころ。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した美村は、「WOWOWの作品には多く呼んでいただいていたのですが、パンドラシリーズは、お客さんとして観ていて“面白いな、これに呼んでほしいな”と思っていたので、今回参加出来て大変嬉しいです。すごくリラックスした大人な現場で、撮影も楽しく、台本がどうやって上がってくるのか楽しみにしていたので、皆さんにお披露目する日が来て、大変嬉しく思います。今、ニュースもエンタテイメントだけではなくて、国際情勢や政治など、たくさん気になることがありますが、ぜひお引き立ていただきますよう、よろしくお願い致します。」とコメント。

橋詰奈美を演じた感想について、「鈴木先生の孤高であるけれども、逆に真面目が煮詰まりすぎてピュアなところがあって、年齢相応というのとも少し違うし、何この人?というのがスタートなので、その辺りの違和感は演じていて大変楽しかったです。それ以外に、AI診断室に付いている専属の看護師という立場ですと、看護師さんはとても大変な仕事だと思うのですが、AIが進歩していくと、20年後に何の職業が無くなるか、というランキングを皆さんもご覧になったことがあると思いますが、本当に仕事がなかったんです。役者はフリをするのが大事なので、看護師さんらしく見える動きを探すのですが、無くてですね。主にマジックテープを貼る、剥がす、掃除する、だけだったんです。もちろん映っていないところでは他の業務もやっていますが、少し危機感を感じました。このまま進歩していくと、(脚本家の)井上由美子さんは“俳優は無くならない仕事”とおっしゃってくださったのですが、役者をするにあたって“ぽさ”を出す手段がもしかすると変わってくるのかもしれないと肌で感じました。」と語った。

「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」は、WOWOWプライムにて11/11(日)より毎週日曜22:00~放送!(第1話無料放送)
ぜひご覧ください!

【ストーリー】
IT企業が経営するメディノックス医療センターでは、医学者の鈴木哲郎(向井理)が開発したAIによる患者の診断が行われていた。人間の医師が行うよりも短時間で正確に、しかも無料で行うAI診断は世間で評判を呼ぶ。
AI診断を導入したIT企業代表の蒲生俊平(渡部)は、海外に後れを取らないためにも医療のAI化を進めていくべきだと主張。しかし、医師会会長の有薗直子(黒木瞳)は「時期尚早」と難色を示し、さらに優秀な外科医の上野智津夫(原田泰造)もAIに診断された患者の手術に当たることを不快に思っていた。
そんな中、AI診断に基づいて上野が手術した患者が、術後に容体が急変して亡くなってしまう。上野はAIが余計な診断をしたせいだと言い放ち、鈴木は上野の判断が間違っていたせいだと反論する。一方、記者の太刀川春夫(山本耕史)は、AIで診断した患者が死亡したという情報をつかみ、独自の調査を進めていた。
(敬称略)

pagetop

page top